トップページ > 安心・安全 > 消防・救急 > 消防 > 消防本部 > 注意喚起!二酸化炭素消火設備の事故について。

更新日:2022年3月1日

ここから本文です。

注意喚起!二酸化炭素消火設備の事故について。

令和3年4月15日、東京都にて不活性ガス消火設備(二酸化炭素)の放出事故により死傷者が発生しました。不活性ガス(二酸化炭素)消火設備の事故にご注意ください。
同様の事故を防ぐため、不活性ガス消火設備を設置する事業所や工事、メンテナンスを行う事業所におかれましては、以下の点に注意して頂きますようお願いします。

  1. 不活性ガス消火設備が設けられている付近で工事等が行われる場合は、誤作動や誤放出(以下「誤作動等」という。)を防止するため、第三類の消防設備士又は設備を熟知した第一種の消防設備点検資格者が立ち会って監督を行うことにより、必要な安全対策の管理がなされる体制を確保すること。
  2. 不活性ガス消火設備が設けられている付近で工事等を開始する際は、その都度、当該工事等の従事者に対し、消火剤が放出されないよう閉止弁を閉止する等の措置を講じた上でなければ当該工事等を開始しないなど、必要な安全対策の内容について説明し、当該安全対策の確実な履行を徹底すること。

お問い合わせ

消防本部予防課指導係

〒904-2153 沖縄県沖縄市美里5丁目29番1号

電話番号:098-929-1190

ファクス番号:098-983-4588