スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報高齢者・介護高齢者福祉 > 後期高齢者医療保険料がコンビニで納付できるようになりました

後期高齢者医療保険料がコンビニで納付できるようになりました

最終更新日:2019年11月01日

コンビニ納付できるようになりました
令和元年11月より、納付書が新しいものに切り替わります。それに伴い、全国の主なコンビニで時間や曜日を気にすることなく、後期高齢者医療保険料を納付することが可能になりました。

※令和元年度中は、11月以降に再発行された納付書が対象となります。令和二年度より、すべての納付書がコンビニで納付できる新しいものになります。
 

納付場所


【沖縄県内の各金融機関】
・琉球銀行
・沖縄銀行
・沖縄海邦銀行
・沖縄県労働金庫
・コザ信用金庫
・沖縄県農業協同組合
 上記の本店・各支店・出張所

【コンビニエンスストア】
・ファミリーマート
・ローソン
・セブンーイレブン
・デイリーヤマザキ
・ヤマザキデイリーストア
・ニューヤマザキデイリーストア
・ヤマザキスペシャルパートナーショップ
・サークルK
・サンクス
・ミニストップ
・コミュニティ・ストア
・セイコーマート
・ハマナスクラブ
・ハセガワストア
・タイエー
・ポプラ
・生活彩家
・くらしハウス
・スリーエイト
・MMK設置店

※以下の場合には、金融機関では納付できますがコンビニエンスストアでの納付はできませんのでご注意ください。
・バーコード印刷のないもの
・バーコードが読み取れないもの
 

新しい納付書の見方


 従来のものは通知書(納付額の説明)と納付書(金融機関で切り離され、納付に使用)が一冊に綴じられていました。
新しい納付書では、コンビニ対応のため通知書と納付書が分かれています。納付の際には、納付する科目・期別にお間違えのないようご確認ください。
 また、納付後は納付書の領収証書部分(青枠で囲まれた部分)が切り離され、領収日印を押したうえでレシートとともに返却されます。領収証書は納付の証明となる大事なものですので、後日の紛争を避けるためにも5年間は大切に保管をお願いします。

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 国民健康保険課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-0896
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ