1. 子育て施設について

子育て施設について

こどもを預けたい

保育所(園)

保育所(園)は、乳幼児をもつ保護者が働いていたり、病気や出産等によって家庭でこどもの保育が十分にできない場合に、保護者に代わってこどもを保育する施設です。

市には、公立、私立の保育所(園)があり、0歳~5歳までの乳幼児を保育します。保育所(園)の保育時間、延長保育、保育料等、保育所(園)についてのご相談は保育・幼稚園課までお問い合わせください。

保育・幼稚園課
098-939-1212 内線(3136)

幼稚園

幼稚園は、学校教育法に基づく「学校」です。幼稚園では、「遊びや環境」をとおして幼児期にふさわしい「教育」を行います。

幼児期における教育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う上で最も重要なものとなり、小学校以降の生活や教育の基盤を育成しています。
本市には、公立幼稚園が16園あり、5歳児の教育を行っており、そのうち8園で4歳児の2年教育を行っています。また、子育て支援として、預かり保育も16園で実施しています。
詳しくは、保育・幼稚園課までお問い合わせください。

保育・幼稚園課
098-939-1212 内線(3174)

認定こども園

認定こども園は、教育と保育を一体的に行う施設で、幼稚園と保育所(園)の両方の良さを併せ持っている施設です。

本市には、私立の認定こども園が2園あり、就学前の子どもに幼児教育・保育を提供するとともに地域における子育て支援を行っております。
認定こども園についてのご相談は、保育・幼稚園課までお問い合わせください。

保育・幼稚園課
098-939-1212 内線(3174)

地域型保育事業

地域型保育事業は、保育所(園)同様、乳幼児をもつ保護者が働いていたり、病気や出産等によって家庭でこどもの保育が十分にできない場合に、保護者に代わってこどもを保育する施設です。

本市には、私立の地域型保育事業(小規模保育事業、事業所内保育事業)があり0歳~2歳までの乳幼児を保育します。施設の保育時間、延長保育、保育料等についてのご相談は、保育・幼稚園課までお問い合わせください。

保育・幼稚園課
098-939-1212 内線(3174)

放課後児童クラブ(学童)

児童福祉法の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない小学生(放課後児童)に対し、授業の終了後に適切な遊び及び生活の場を提供する施設です。

放課後児童クラブに関するお問合せ・ご相談については、沖縄市放課後児童支援センター(ASSCアスク)までお問合せください。

沖縄市放課後児童支援センター(市役所こども家庭課内)
098-923-0418

子育て関連施設

【児童館・児童センター】

児童館(児童センター)は、児童の遊びおよび生活の援助と地域における子育て支援を行い、こどもを心身ともに健やかに育成することを目的とする児童厚生施設です。

▼所在地
  • ・あげだ児童館
     所在地:沖縄市安慶田2-17-10
     電話番号:098-934-4643
    ・福祉文化プラザ児童センター
     所在地:沖縄市高原7-35-1
     電話番号:098-930-1695
    ・宮里児童センター
  •  所在地:沖縄市東2-7-24
     電話番号:098-989-4655
▼事業内容
  • ・こどもの遊びの拠点と居場所
  • ・児童厚生員の遊びによるこどもの育成
  • ・子育て家庭の支援
    ・地域の子育てのネットワークの拠点
▼利用内容
・対象者:0歳~18歳までの児童
・開館日:月~土曜日
・開館時間:10:00~18:00
・休館日:日曜日、祝日および慰霊の日、年末年始
・利用料:無料
▼福祉文化プラザ児童センター中高生夜間開放
  • ・対象者:中高生
  • ・利用日:水曜日
    ・利用時間:中学生~19:00/高校生~20:00

【桃山公園内体験型学習施設 やまっち】
桃山公園内体験型学習施設やまっちは、子育て支援や多世代交流等の機能を有する誰でも利用できる施設です。
所在地:沖縄市安慶田2-17-10
電話番号:098-934-4643
開所時間:10:00~20:00

子育て施設の選び方

沖縄市内には保育園や幼稚園、学童など140箇所以上の子育て施設が存在しています。

その中から、お子様の年齢や学習方針などニーズにあった子育て施設を探し出すことは、お子様の教育にとって重要なポイントです。まずは各子育て施設の主な特徴をおさえておきましょう。

保育園

主な特徴

  • 世帯年収に応じて、保育料等が変動する。
  • 共働きなど、こどもの保育が十分にできない場合のみ利用可能。
  • 入園の決定は市が行う。
  • 毎年10月中旬頃より、募集受付開始

主な特徴

  • 園独自で保育料等を設定。
  • 園ごとに独自の入園条件がある。
  • 入園の決定は各園で行う。
  • 年間通して園児を募集することがある。

主な特徴

  • 世帯収入に応じて、保育料等が変動する。
  • 保護者の就労状況に関わらず受入れ、教育・保育を一体的に実施する。
  • 入園の決定は市又は施設が行う。
  • 毎年10月初旬頃に、募集開始。

主な特徴

  • 世帯収入に応じて、保育料等が変動する。
  • 共働きなど、こどもの保育が十分にできない場合のみ利用可能。
  • 入園の決定は、市又は施設が行う。
  • 毎年10月中旬頃より、募集受付開始。

幼稚園

主な特徴

  • 世帯年収に応じて、保育料等が変動する。
  • 学校教育のはじまり
  • 遊びや環境をとおして、さまざまなことを学び、身につけていく。
  • 入園の決定は市が行う。
  • 毎年11月初旬頃より、募集受付開始

主な特徴

  • 園独自で保育料等を決定。
  • 園ごとに独自の入園条件があるケースもある。
  • 独自の教育方針やカリキュラムを実施していることもある。
  • 入園の決定は各園で行う。
  • 年間通して園児を募集することがある。

放課後児童クラブ(学童)

主な特徴

  • 対象は労働等により昼間家庭に保護者がいない小学生。
  • 運営主体は自治体と民間どちらも存在し、民間が公の施設を活用して運営を行うこともある。
  • 利用料金や支援内容はクラブによって様々。
  • 受入れ人数に限りがあるため、各クラブにて書類審査を行い、より保育を必要とする児童を優先して受入れを行っている。
  • 申込み期間中に希望するクラブにて申込みを行う。申込期間については市のホームページ・広報誌にて通知。

入園までの流れ

認可保育園の場合

保育所入所申し込みの必要書類を提出いただいた後、提出書類に関する確認・審査を行います。申込に必要な書類は保育・幼稚園課で配布しております。

詳しくは沖縄市HPへ

認可外保育施設の場合

市内の認可外保育施設については、各施設へお問い合わせください。

公立幼稚園の場合

10月中旬

入園対象幼児のいる世帯へ入園案内を送付します。

入園受付までに

入園願書と健康診断書・誓約書及び施設型給付費・地域型保育給付費等<支給認定申請書兼利用申込書>の用紙を、幼稚園または市役所(保育・幼稚園課、市民課)にて受け取り、それぞれご準備ください。(健康診断はお近くの内科・小児科にて受診してください。)

11月上旬

入園願書と健康診断書・誓約書及び施設型給付費・地域型保育給付費等<支給認定申請書兼利用申込書>を持って、指定の園にて手続きをしてください。受付日時と場所は入園案内の中で記載していますのでご確認ください。

※入園を希望する方は、入園受付の際に面談を行いますので、幼児同伴のうえ、受付をして下さい。

3月上旬

1日体験入園

4月中旬

私立幼稚園の場合

市内の私立幼稚園については、各施設へお問い合わせください。

放課後児童クラブ(学童)の場合

申込期間中に希望する児童クラブへ「入会申請書類」を提出いただいた後、提出書類に関する確認・審査を行います。申込みに必要な書類については各児童クラブにて配布しております。
申込期間や児童クラブの一覧表などの情報は沖縄市ホームページにてお知らせしております。

このページのトップへ