スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報健康・健診 >  RSウイルス  ~ 感染者が増加しています ~

 RSウイルス  ~ 感染者が増加しています ~

最終更新日:2021年11月01日

沖縄県ではRSウイルス感染症患者が増加してます。(R3.11/1時点)

感染予防として、「3密を避ける、マスクの着用、咳エチケット、手洗い、手指消毒」が有効です。
 

RSウイルスとは・・・

発熱や鼻汁、咳などを特徴とする呼吸器の感染症です。
生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の乳幼児が感染するとされています。
生涯にわたり何度も感染と発病を繰り返しますが、乳児期早期(生後数週間~数ヵ月)や基礎疾患のある者は重症化する場合があります。

症状

多くは発熱、鼻水などの軽症で済みますが、重い肺炎をおこす場合があります。
咳がひどくなる、「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴を伴う呼吸困難等の症状がある場合は注意が必要です。(いつもと様子が違うと感じたら早めの病院受診をおススメします。)
 

感染経路

 くしゃみや咳などのしぶきを吸い込むことによる感染(飛沫感染)や、ウイルスが付着した手指や物品を触れたり、なめたりして感染(接触感染)します。
 感染対策として、「3密を避ける、マスクの着用、咳エチケット、手洗い、手指消毒」が有効です。


                                        
 

関連情報

■沖縄県HP「沖縄県感染症情報センター」
■厚生労働省HP「RSウイルス感染症Q&A」


 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 市民健康課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町 沖縄市役所B2階
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ