手当・助成

子育てのための施設等利用給付

幼児教育・保育の無償化(令和元年10月施行)により、支給要件を満たしたお子様が対象施設等を利用した際に要する費用を支給いたします。
詳しくは、お問い合わせください。

保育・幼稚園課
098-939-1212 内線(3133・3138・3172・3174)

児童手当

国内に住所を有する、中学校修了までの児童を養育している父母等へ児童手当を支給します。
詳しくは、お問い合わせください。

こども家庭課
098-939-1212 内線(3194)

児童扶養手当

離婚または未婚等により、母子・父子世帯等として児童を養育している父または母(父母に代わる養育者)に児童扶養手当を支給します(所得制限あり)。

※平成26年12月より公的年金(障害年金等)との併給が可能となりました。
※年金額が児童扶養手当額より低い場合、その差額が支給されます。詳しくはお問い合わせください。

こども家庭課
098-939-1212 内線(3196)

特別児童扶養手当

身体または、精神に障がいのある20歳未満のこどもを養育している方に特別児童扶養手当を支給します(所得制限あり)。障がいの程度に応じて金額は異なります。

こども家庭課
098-939-1212 内線(3197)

こども医療費助成事業

沖縄市に住所登録のある乳幼児等にかかった医療費(保険対象分)を助成します。詳しくは、お問い合わせください。(入院は中学校卒業まで、通院は小学校6年生まで)

こども家庭課
098-939-1212 内線(2124、2125、3189)

母子及び父子家庭等医療費助成事業

母子家庭の母及び児童、父子家庭の父及び児童、養育者家庭の児童が医療機関等でかかった医療費(保険対象分)の一部を助成します。

こども家庭課
098-939-1212 内線(3196)

未熟児養育医療

2000g以下の赤ちゃん、または生活能力が特に薄弱なため入院療育を必要とする未熟児に対して、指定医療機関における医療費を公費で負担します。
なお、所得に応じて自己負担金があります。

こども相談・健康課
098-939-1212 内線(2284、2234)

ひとり親家庭支援事業

ひとり親家庭に対し、直接就労に結びつく資格取得を援助する等、個々の状況ニーズに応じた就労支援を行う事業です。詳しくはお問い合わせください。

こども家庭課
098-939-1212 内線(3195)

母子父子寡婦福祉貸付金

母子及び父子ならびに寡婦家庭の方に対する各種貸付資金があります。資金の種類は、修学資金、技能習得資金、療養資金、事業開始資金等のほか多く貸付制度があります。

こども家庭課
098-939-1212 内線(3195)

このページのトップへ