スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

葬式の話

 人が死んだ時、白い大きな布に『南無阿弥陀仏』と書いて、頭から死体にかぶせたという。仏は後世、あの世におるんだから、その神様の前に行くんだということですね。

念仏の唱え方の主旨はですね、

むかてぃ行く先は 暗さあらでむぬ
(これから行くところは 暗い所だと聞いてます)

手とぅてぃ、ひちたぼり 阿弥陀仏
(手を取って、導いてください 阿弥陀仏)

また、死へのなぐさめの言葉は、

かりぬくぬしけに うむいぬくするな
(仮の世の世界に 思いを残さないで下さい)

極楽はハスの花の手の内
(極楽はハスの花に包まれているようなものだから)

 昔の沖縄の人ね、死んだらハスの花の上に座るんだということですね。あれに、世の花、後世花といってあったんですがね。

沖縄市文化財調査報告書第32集
『沖縄市の伝承をたずねて 中北部編』
2007年沖縄市教育委員会

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは教育部 市立郷土博物館が担当しています。

〒904-0031 沖縄県沖縄市上地2-19-6 文化センター3階
TEL:098-932-6882   FAX:098-933-6218
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ