トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療・衛生 > 医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス(COVID-19 ) > 支援策・緊急経済対策等 > 新型コロナウイルス感染症に関する緊急経済対策(第三弾) ※終了しました

更新日:2022年5月18日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する緊急経済対策(第三弾) ※終了しました

経済分野

1.助成事業

1.中小・小規模事業者支援金(拡充)

【内容】
感染症の影響により売上が減少した事業者に支援金(10万円)を給付する。

【対象】
売上等が減少した中小・小規模事業者(これまでに感染症に関する市の支援金を給付された事業者を除く)

【担当課】
経済文化部 商工振興課(お問合せ コールセンター:080-9854-2523)

2.専門家等活用支援助成金

【内容】
新型コロナウイルス感染症により、経営的に影響を受けた中小・小規模事業者が、コロナ対策等の各種助成金の申請や相談等で専門家を活用した際の費用に対し、助成金(1回3万円)を給付する。(上限3回)

【対象】
行政書士等を活用して国等の支援金を申請した中小・小規模事業者

【担当課】
経済文化部 商工振興課(内線:3227)

3.宿泊施設への支援

【内容】
新型コロナウイルス感染症の影響を強く受けた市内宿泊施設に対し、事業継続や再開支援につなげるため、支援金を給付する。(これまでに給付を受けた、感染症に関する市の支援金の額を除く)

  • 1室1万円(最低給付額:10万円)
  • マイクロバス保有、レストラン完備 各5万円
  • 消毒液購入等の費用:上限30万円

【対象】
市内宿泊施設

【担当課】
経済文化部 観光振興課(内線:3290、3291)

4.飛沫感染防止店舗改修事業補助金

【内容】
新型コロナウイルス感染症の拡大防止等のため各省庁等が作成する感染拡大予防ガイドライン等に基づき隔壁や換気扇、窓等の設置工事など、店舗改修に必要な経費を支援する。

  • 1店舗上限30万円(補助率80%) 100店舗分

【対象】
市内飲食店、ライブハウス、理容・美容業、学習支援事業等

【担当課】
経済文化部 商工振興課(お問合せ コールセンター:080-9854-2526)

5.感染症対策に係る備品整備補助金

【内容】
サーモグラフィーの購入やキャッシュレス決済の導入等、新型コロナウイルス感感染拡大予防ガイドラインに基づく備品や、リモートワークに必要な機材等、新型コロナウイルス感染症に対応した非対面型サービス(顧客と直接会わずに提供するサービス)の導入に係る経費の一部を支援する。

  • 1店舗上限15万円(補助率80%) 200店舗分

【対象】
市内飲食店、ライブハウス、理容・美容業、学習支援事業等

【担当課】
経済文化部 商工振興課(お問合せ コールセンター:080-9854-2526)

6.ホームタウン支援金

【内容】
本市をホームタウン・サブホームタウンとして活動するチームに対し、新しい生活様式下でのスポーツ観戦の環境整備を支援する。

【対象】
本市を拠点に活動しているプロスポーツチーム等

【担当課】
経済文化部 観光振興課(内線:3290、3291)

7.公共交通運行継続支援事業

【内容】
路線バスの運行継続を支援し、公共交通の維持を図るため、本市を経由する定期路線バス事業者に支援金を給付する。

  • 定期路線28系統×10万円=2,800千円

【対象】
本市を経由する定期路線バス事業者

【担当課】
建設部 都市交通担当(内線:2514)

2.商業振興

1.消費喚起事業

【内容】
新型コロナウイルス感染症により、売上げが減少した事業者の販売促進を図ることを目的として、30%分還元の電子クーポン(上限3千円、対象:8万人)の発行を実施する。

【対象】
対象店舗において決済サービスを利用した者

【担当課】
経済文化部 商工振興課(内線:3228)

3.市産品活用

1.県外学生への市産品提供

【内容】
親元を離れた県外学生に対し市産品を送付することで、県外学生の生活を支援するとともに、畜産物等市産品の生産振興や県外学生を通じたPRを図る。

【対象】
親元を離れ県外で生活する本市出身の高校生、大学生、専門学生等

【担当課】
経済文化部 農林水産課(内線:3232、3229)

こどものまち分野

1.給付金事業

1.すくすくサポート給付金

【内容】
子育て世帯への経済的支援を図るため、令和2年4月28日以降出生の新生児の家庭に、給付金(10万円)を支給する。

【対象】

  1. 令和2年4月28日から令和3年3月31日までの間に出生し、赤ちゃんの最初の住民登録が沖縄市であること。
  2. 赤ちゃんのお父さん又はお母さんが、令和2年4月27日時点で沖縄市に住民登録があること。
  3. 赤ちゃん及びお父さん又はお母さんが、1.・2.の基準日時点から、給付金の申請をする時点まで継続して沖縄市に住民登録があること。

【担当課】
こどものまち推進部 こども企画課(内線:3404)

2.こども応援給付金

【内容】
子育て世帯への経済的支援を図るため、令和2年度内に、高校2、3年生の年齢に達する子の世帯に給付金(1万円)を支給する。

【対象】
本市に住民登録しており、平成14年4月2日~平成16年4月1日に出生した子。

【担当課】
こどものまち推進部 こども企画課(内線:3404)

教育分野

1.生涯学習の推進

1.電子書籍の導入

【内容】
新しい生活様式下において、在宅で過ごす時間を豊かなものとし、読書環境のさらなる充実を図るため、インターネットを通じて電子書籍を貸し出すサービスを導入する。

【対象】
市内在住の方、市内に在勤・在学する方

【担当課】
沖縄市教育委員会 沖縄市立図書館(TEL:098-929-4919)

防災分野

1.感染拡大防止

1.避難所の感染症対策

【内容】
災害時に開設する避難所において、新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかるパーテーションや簡易ベッド等を整備する。

【対象】
市内避難所

【担当課】
総務部 防災課(内線:2349)

福祉分野

1.助成事業

1.病院等への消毒液配布

【内容】
新型コロナウイルス感染症感染拡大の予防を図るため、病院・診療所・歯科診療所・保険薬局に消毒液を配布する。

【対象】
市内病院等

【担当課】
健康福祉部 市民健康課(内線:2241)

2.自主的な隔離措置の応援

【内容】
新型コロナウイルス感染症の家庭内感染拡大防止に向け、濃厚接触者の家族が市内ホテルに宿泊する費用を助成するとともに、濃厚接触者本人が宿泊するホテルを市が借上げる。

【対象】
濃厚接触者の家族、濃厚接触者

【担当課】
健康福祉部 市民健康課(内線:2262)

地域分野

1.自治会支援

1.自治会の感染防止に係る補助

【内容】
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るため、学習等供用施設や自治公民館において、換気設備や空調機器を設置する。

【対象】
自治会

【担当課】
市民部 市民生活課(内線:2214)

その他分野

1.公共施設

1.感染拡大防止

【内容】
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るため、サーモグラフィー、券売機の設置やアクリル板、消毒液等を購入する。

【対象】

沖縄こどもの国、ミュージックタウン音市場、沖縄市立総合運動場体育施設
沖縄市立図書館、沖縄市立郷土博物館、乳幼児健診会場

【担当課】

企画部 プロジェクト推進室(内線:2434)
経済文化部 文化芸能課(内線:3556)
沖縄市教育委員会 市民スポーツ課(TEL:098-932-1294)
沖縄市教育委員会 沖縄市立図書館(TEL:098-929-4919)
沖縄市教育委員会 沖縄市立郷土博物館(TEL:098-932-6882)
こどものまち推進部 こども相談・健康課(内線:3083)

2.行政IT化

【内容】
リモート会議や動画、ライブ配信等に必要な機材を整備する。
市ホームページにAIチャットボットを導入する。
マイナンバーカードを活用した子育てに関する手続きについて、次年度電子申請を開始するために基盤を整備する。

【対象】
市庁舎、ミュージックタウン音市場、沖縄こどもの国

【担当課】

企画部 情報推進課(内線:2023)
企画部 プロジェクト推進室(内線:2434)
経済文化部 文化芸能課(内線:3556)

2.イベントの代替

1.市イベント代替事業の実施

【内容】
感染拡大により中止した本市の大型イベントについて代替事業を実施することで、まつりへの誘客及び市産品のPRを図る。

【対象】
沖縄全島エイサーまつり、沖縄市産業まつり

【担当課】
経済文化部 文化芸能課(内線:3559)
経済文化部 商工振興課(内線:3222)

※事業の実施においては、令和2年9月、12月定例会の議決が必要となるものがございます。
※各支援策の詳細については、各担当課までお問い合わせください。

これまでの緊急経済対策について

お問い合わせ

企画部政策企画課 企画担当 

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号

電話番号:098-939-1212

ファクス番号:098-934-3830