スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

通知カードの廃止について

最終更新日:2020年05月19日

   
  マイナンバーをお知らせするために郵送された通知カードが、令和2年5月25日(月)で廃止となります。

  ただし、通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、
  引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できます。

  通知カードの記載事項と住民票の記載事項が異なる場合は,5月22日(金)17時まで
  来庁いただきますようお願い致します。

通知カード見本

通知カード廃止後の取扱いについて

  通知カードの廃止後は,以下のことができなくなります。

 

  1.通知カードの再交付申請の手続き

 

  2.通知カードの券面記載事項(住所、氏名、性別等)の変更手続き

通知カード廃止後にマイナンバーを証明する書類

  通知カード廃止後,マイナンバーを証明する方法は以下のとおりです。

 

  1.マイナンバーカード(個人番号カード)

 

     マイナンバーカードは,マイナンバーが記載された顔写真付のカードで,身分証明として

     お使いになれるほか,e-Tax等の電子申請,住民票等のコンビニ交付などのサービスが

     ご利用いただけます。

     初回に限り,マイナンバーカードを手数料無料で交付することができます。

     なお,申請からカードが出来上がるまで,※最低でも1か月以上かかりますのでご注意ください。
     ※4月下旬以降に申請した方につきましては、コロナウイルの感染防止対策の影響により当面の間
      発行までに2か月以上かかりますのでご理解いただきますようお願い致します。                                       

 

  2.マイナンバーが記載された住民票の写し

 

     市役所で,マイナンバーを記載した住民票をご請求ください。

     住民票の写しは,1通につき手数料が200円かかります。

 

     ただし,代理人が申請に来た場合につきましては、直接交付することはできません(郵送にて送付)
     のでご注意ください。

  3.記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している通知カード

     通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、
     引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できます。

通知カード廃止後以降に、
初めてマイナンバーが付番される方について

  今後、出生等で初めてマイナンバーが付番される方には、※個人番号通知書によりマイナンバーが通知されます。
  ※個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください。
 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 市民課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-7472
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ