トップページ > よくある質問 > 税金 > 納税証明書 > 納税証明書を請求する時に本人が窓口に行けない場合

更新日:2022年3月1日

ここから本文です。

納税証明書を請求する時に本人が窓口に行けない場合

代理人の方が窓口に来られる時

証明書は、代理人の方にも発行しています。証明書の請求時に必要な書類は下記のとおりです。

  • 納税証明交付申請書
  • 委任状
  • 窓口に来られた方が代理人本人であることを確認できるもの(身分証明書または運転免許証等)
  • 印鑑

※委任状の様式が含まれた申請書が、沖縄市ホームページ「申請書ダウンロードサイト」にありますので、印刷してご利用下さい。

郵送により本人が請求される時

直接窓口にお越しいただけない場合は、郵送でも証明の受付を行っておりますので、下記により請求してください。

  • (1)申請用紙(沖縄市ホームページ「申請書ダウンロードサイト」にありますが、以下の内容の記載があれば、どのような紙でも結構です。)
    • 使用目的
    • 必要な証明の種類、年度、通数
    • 氏名(フリガナ)、押印、生年月日
    • 現住所
      (沖縄市以外に居住の方は)沖縄市に住んでいた時の住所、氏名(旧姓)
    • 昼間連絡の取れる電話番号
  • (2)本人確認がとれるものの写し(免許証、健康保険証等)
  • (3)返信用封筒(返信用切手を貼って、あて名を書いたもの)
  • (4)手数料分の定額小為替(郵便局でお買い求めください)1枚につき200円
  • (5)領収書のコピー

注:金融機関の窓口で納付されてから入金処理が完了するまで、市内の場合でおよそ1週間、市外の場合でおよそ2週間ほどかかります。このため、納付された時期によっては、市役所で納付状況が確認できない場合がありますので、お手数ですが領収書コピーの同封をよろしく致します。

以上を同封して、納税課宛へ郵送して下さい。

お問い合わせ

総務部納税課 

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号

電話番号:098-939-1212

ファクス番号:098-982-1023