スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページよくあるご質問暮らし・環境・健康 > 戸籍の附票とはどういうものですか

戸籍の附票とはどういうものですか

戸籍の附票とは、本籍地の市区町村において戸籍の原本と一緒に保管している書類で、その戸籍が作られてから(またはその戸籍に入籍してから)現在に至るまで(またはその戸籍から除籍されるまで)の住所が記録されています。

全員除籍になると「除附票」となり、コンピュータ化や記載欄が一杯になったことにより作り替えられると「改製除附票」となります。除附票や記載欄が一杯になって改製除附票となったものは、5年以上経過し廃棄されていると発行できません。

※証明書の種類

  • 全員の写し:同じ戸籍に属する人全員について証明します。
  • 一部の写し:同じ戸籍に属する人のうち、一部の人についてのみ証明します(2名以上の連名も可能です)。

戸籍の附票の便利な使いみち

戸籍の附票には今までの住所が記録されていますので、引越しをした人が、いくつか前の住所から今の住所までを証明したい場合に、この証明をとることで証明できる場合があります。
ただし、転籍等により本籍を他の市町村に変更していると、現在の附票には現在の本籍にした日以降の住所しか記録されていません。

現在の附票で、証明を必要とする住所までさかのぼることができない場合は、前の戸籍の除附票をとることになります。(ただし、転籍等から5年以上経過していると発行されません)結婚などで、親の戸籍から独立して夫婦の戸籍を作った場合も同様で、結婚後の戸籍の附票には婚姻届を出した時点以降の住所しか記録されていませんので、結婚前の住所にさかのぼって証明したい場合は、(自分が結婚した時点での)親の戸籍の附票をとることになります。

申請の際の注意

  • 附票は戸籍簿と一緒に保管されているので、請求の際は本籍の表示(○番地か○番まで)と筆頭者氏名を事前に確認しておいてください。
  • 現在の戸籍の附票に、証明を必要とする住所がすべて載っていない場合には、それ以前の戸籍の附票も併せて必要になる場合もあります。

戸籍の附票・戸籍の附票の除票の発行受付窓口は、以下の場所になります。

市役所本庁市民課

手数料は1通200円です。

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 市民課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-7472
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ