スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ組織一覧農業委員会事務局 > 農業委員会の仕組み

農業委員会の仕組み

  農業委員会は、地方自治法及び農業委員会等に関する法律によって、市町村に設置が義務づけされている行政機関です。
 農業委員は、合議体としての意思決定(農地の権利移動の許可、不許可の決定など)を担当。農地利用最適化推進委員は、担当区域における農地等の利用の最適化の推進を担当します。
 農業委員の選出方法は、地域の農業者や農業団体からの推薦・応募により、市長が議会の同意を得て任命する方法となります。農地利用最適化推進委員(推進委員)については、農業委員と同じく推薦・応募により、農業委員会が委嘱する方法となっています。
 農業委員は、農地の権利移動、農地転用などの許可・不許可について、委員会総会へ出席し、決定することが主な業務です。推進委員は、担当地区において、現場活動を行うのが主な業務です。また、農業委員と推進委員は、連携して「農地等の利用の最適化」を進めていきます。
 

 第17期農業委員名簿および第2期農地利用最適化推進委員名簿
   ※各委員の担当地域が決まり次第、名簿へ登載予定。


 農業委員(後列右から4番目は桑江市長。後列右端は仲本副市長、後列左端は與那嶺副市長。)


 
 農地利用最適化推進委員

 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは農業委員事務局が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 B2F
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ