トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療・衛生 > 医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス(COVID-19 ) > 新型コロナウイルス罹患後症状(後遺症)について

更新日:2022年3月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス罹患後症状(後遺症)について

罹患後症状に関する基本的な知見に関する情報(Q&A)

罹患後症状は治りますか?

罹患後症状については、世界的に調査研究が進められてるところであり、まだ不明な点が多いですが、国内の調査研究によると、診断後6か月の時点で約8割の方は罹患前の健康状態に戻ったと自覚したと報告されています。
なお、WHOは現時点の知見として、新型コロナウイルス感染症に罹患したほとんどの方は、完全に罹患前の状態に戻るものの、一部の方は、長期的心身への影響が残ることがあると報告しています。

新型コロナウイルス感染症罹患後から倦怠感が続いている気がしますが、受診が必要ですか?

症状が改善傾向であるならば、かかりつけ医等に相談しつつ、様子を見ることも可能です。
症状が改善せずに持続する場合は、他の疾患による症状の可能性もありますので、かかりつけ医やお近くの医療機関にご相談ください。

どんな治療方法がありますか?

罹患後症状は、自然経過で徐々に回復することが多いと考えられていますが、症状の緩和や早期回復を目的として、症状に応じた対処療法が行われることがありますので、まずはかかりつけ医やお近くの医療機関にご相談ください。
なお、海外の研究では、新型コロナウイルスワクチンを2回接種した後に新型コロナウイルスに罹患した場合、28日以上続く症状の発現が約半数に減少することが報告されています。

罹患後症状で受診した場合、診療費はかかりますか?

一般診療と同様に、診療費の自己負担が発生します。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡(令和3年12月6日)を基に作成

お問い合わせ

健康福祉部市民健康課 

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号

電話番号:098-939-1212

同カテゴリから探す