スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報障がい・福祉障がい者福祉 > 「障害者総合支援法」の対象となる疾病を359に拡大します

「障害者総合支援法」の対象となる疾病を359に拡大します

最終更新日:2015年07月01日

「障害者総合支援法」の対象となる疾病を359に拡大します。

平成25年4月に施行された障害者総合支援法では、障がい者の範囲に難病等の方々が加わりました。平成27年1月から対象となる難病等が拡大され、さらに平成27年7月1日から対象となる難病が再拡大されておりましたが、平成29年4月、平成30年4月と、さらに対象範囲の難病が拡大されました。対象となる方々は、障害者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた障害福祉サービス等の受給が可能となります。
対象者
 障害者総合支援法の対象となる難病等の範囲は、政令で定める疾病による障がいがある方々です。
 
利用できる障がい福祉サービス等
障がい児・者については、介護給付(ホームヘルプ、ショートステイほか)、訓練等給付、相談支援、補装具及び地域生活支援事業(日常生活用具費給付等)が利用できます。
 
障がい児については、児童通所支援及び児童入所支援が利用できます。
 
申請窓口
対象疾患に罹患していることがわかる証明書(特定疾患医療受給者証等)をご持参の上、詳しくは障がい福祉課までお問い合わせください。

 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 障がい福祉課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-7739
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ