スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報障がい・福祉障がい者福祉 > 障害者総合支援法に係る医師意見書について(障害支援区分関係)

障害者総合支援法に係る医師意見書について(障害支援区分関係)

医師意見書記載の手引きについて

平成26年4月1日より、これまでの「障害程度区分」は「障害支援区分」に改正されました。
この改正に伴い、医師意見書の様式や「医師意見書記載の手引き」の内容が変更となりました。
 

障害程度区分

 →

障害支援区分

これまで

平成26年4月1日以降申請受け付け分から

障がい者等に対する障害福祉サービスの必要性を明らかにするため当該障がい者等の心身の状態を総合的に示すもの 障がい者等の障害の多様な特性その他心身の状態に応じて必要とされる標準的な支援の度合を総合的に示すもの


これまでの障害程度区分では知的障がい者や精神障がい者の特性が反映されにくいとの指摘があったことから、障害支援区分では、知的障がい者や精神障がい者の特性をより反映するため、調査項目の追加や発達障害の特性にも配慮できるよう行動障害に関する調査項目が追加されています。

 

新しい「医師意見書記載の手引き」と医師意見書の様式


Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 障がい福祉課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-7739
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ