スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ沖縄市の情報沖縄市立郷土博物館発刊文献一覧 > あやみや論文一覧(平成25年・2013年度現在)

あやみや論文一覧(平成25年・2013年度現在)

あやみや・発刊物一覧

巻・号 出版年 著 者 題 目 ページ
第1号 1993 廣山 實 沖縄市字山内の地名 1-23
第1号 1993 宮城 昭美 胡屋・仲宗根における旧暦8月10日の行事 24-45
第1号 1993 佐藤 文保 イチジクカミキリの被害から考えたこと 46-50
第1号 1993 比屋根 満 緑地帯の生物調査 ~嶽山原から~ 51-56
第1号 1993 比嘉 良憲 三線の用材考 ~黒木とその由来~ 57-62
第2号 1994 比嘉 賀盛 『沖縄の古代土器』の作り方 ~失敗しないためのノウハウ~ 1-17
第2号 1994 普久原 朝健 アオタテハモドキ(Precis orithya lINNARUS) 18-24
第2号 1994 安里 哲志 『日琉同祖論』その可能性と不可能性 ~伊波普猷試論~ 25-35
第2号 1994 恩河 尚 池原矼について 36-42
第2号 1994 比嘉 良憲 沖縄闘牛考~発生と根にあるもの~ 43-51
第2号 1994 宮城 昭美 行事由来 52-63
第2号 1994 廣山 實 沖縄市比屋根の地名 64-71
第3号 1995 佐藤 文保 沖縄市倉敷のゴミの最終処分場計画地の小動物 1-32
第3号 1995 比嘉 良憲 沖縄闘牛考 ―1960年代のブームを考える― 33-41
第3号 1995 仲本 千秋 沖縄市におけるエイサーの現状と課題 42-55
第3号 1995 宮城 昭美 沖縄市池原の屋号と童名 56-66
第3号 1995 普久原 朝健 枯れた琉球松について 67-73
第4号 1996 廣山 實 戦後の花形職業としての「メイド」について 1-12
第4号 1996 宮城 昭美 カーテンのゆれる娘心 13-19
第4号 1996 普久原 朝健 メイドの聞き取り調査のまとめ 20-32
第4号 1996 高嶺 正徳 小説に描かれたメイド「光子とマッコリー夫妻」 33-37
第4号 1996 赤嶺 得信 時代を反映するメイドさん語録 38-40
第4号 1996 角田 千代美 時代を反映するメイドさん語録 38-40
第4号 1996 佐藤 文保 沖縄市北部の湿地(開発予定地)に生息する水生小動物 41-52
第4号 1996 佐藤 文保 沖縄市嶽山原の河川の水生小動物 53-61
第5号 1997 赤嶺 得信 イシガワガエルに出会った日 1-7
第5号 1997 比嘉 賀盛 沖縄市美里のガン(龕) 8-16
第5号 1997 比屋根 満 嶽山原の炭窯群について 17-25
第5号 1997 佐藤 文保 比謝川の水辺環境と水生小動物の生育環境について 26-62
第5号 1997 安里 哲志 KOZA 1970.12.20 ~コザ暴動「事件」~ 63-81
第6号 1998 宮城 昭美 美里地区に見るふれあい活動の定着 1-7
第6号 1998 仲宗根 喜栄 わが家の動物記 8-13
第6号 1998 島袋 洋 ゆとり授業を実践 ~中3の文化財体験学習~ 14-22
第6号 1998 大谷 勉 沖縄島におけるカメの交雑個体の出現と問題点 23-40
第6号 1998 安里 哲志 戦争の記憶、あるいは体験の記述 41-52
第6号 1998 赤嶺 得信 《野鳥観察》シジュウカラの子育て 巣箱内で“分家”行動も 53-62
第6号 1998 高木 伸一 チョウの楽園 乙羽岳観察行 沖縄の蝶に魅せられて 63-71
第6号 1998 赤嶺 得信 きらめく言葉たち ~女流歌人の感性と語彙選び~ 72-76
第7号 1999 木下 義宣 生涯学習社会における高校生の社会参加の促進 1-11
第7号 1999 赤嶺 得信 小さなトカゲたちと遊ぶ 12-22
第7号 1999 大谷 勉 西表島に両性爬虫類を求めて 23-40
第7号 1999 島袋 守成 自然界におけるキノコ(菌類)の働き 41-50
第7号 1999 仲本 朝彦 沖縄に導入されているビカクシダ 51-53
第7号 1999 安里 哲志 島ぐるみ土地闘争 ―太平洋のキプロスへの夢― 54-63
第8号 2000 宮城 利旭 沖縄市知花の「カーメー行事」と「ゑさおもろ」 
―調査事例と途絶えている儀礼について―
2-16
第8号 2000 大谷 勉 沖縄島における爬虫類の移入種 17-29
第8号 2000 比嘉 清和 ―資料紹介― 受鉢つくりつけ石臼 30-37
第8号 2000 普久原 朝健 ツマベニチョウの羽化の状況 38-39
第8号 2000 比屋根 満 ―資料紹介― 「沖縄県装蹄師会の思い出」 40-50
第9号 2001 宮城 利旭 登川村落の風水池「ウズミグムイ」 ―沖縄市字登川の調査事例― 2-13
第9号 2001 比嘉 清和 地域を舞台にした移動展の成果と課題 
―アジマー展への取り組みをとおして―
14-17
第9号 2001 大谷 勉 沖縄県における爬虫類の飼育 18-25
第9号 2001 前田 一舟 久米島・具志川村大原の村びとと藍藻類ネンジュモ属 26-44
第9号 2001 比嘉 清和 鹿児島県の旧石器時代遺跡および博物館短探訪 45-51
第10号 2002 鈴木 善雄 サトイモ科植物の魅力 2-17
第10号 2002 樋口 純一郎 マダガスカルの自然と文化 18-34
第10号 2002 比屋根 満 沖縄市知花グスクのフタオチョウ 35-40
第10号 2002 宮城 利旭 鬼大城の墓 ―夏氏大宗墓碑について― 41-51
第11号 2003 大谷 勉 リュウキュウヤマガメが利用する穴 1-9
第11号 2003 古市 光 リュウキュウヤマガメの調査に同行して 10-17
第11号 2003 鈴木 善雄 サトイモ科植物の魅力(2) 「サトイモのエスノボタニー」 18-33
第11号 2003 比嘉 正一 東南植物楽園(沖縄市)で蝶のメモを通しての成果から 34-39
第11号 2003 前川 守夫 小話「トーヤ・マーガ」考 40-48
第11号 2003 川副 裕一郎 多良間村八月踊りへの学校関係者の参加 49-50
第11号 2003 比嘉 清和 魚垣の形状と規模 ―宮古・八重山における実測調査報告― 51-57
第12号 2004 比嘉 正一 オオゴマダラ Idea leuconoe の飼育 
―これからの飼育したい方のために―
1-5
第12号 2004 大谷 勉 リュウキュウヤマガメの調査データより 6-11
第12号 2004 和宇慶 光 スウェーデンの旅で学んだこと 12-16
第12号 2004 照屋 清之介 泡瀬干潟と本土の干潟(藤前干潟・谷津干潟・三番瀬)を比べて 17-21
第12号 2004 比嘉 清和 室川市営住宅建替事業に伴う室川貝塚発掘調査報告 22-30
第12号 2004 比嘉 賀盛 サンゴ蔵骨器に残された古銭 31-36
第13号 2005 大谷 勉 リュウキュウヤマガメ 〔過去5年間の調査より〕 1-16
第13号 2005 喜屋武 優子 リュウキュウヤマガメ 〔過去5年間の調査より〕 1-16
第13号 2005 比嘉 正一 沖縄島の蝶類食草について ―1992年からの記録から― 17-28
第13号 2005 川副 裕一郎 沖縄市東部の電力配給とラジオの普及について 29-35
第13号 2005 比嘉 清和 沖縄市池原で確認されたシシ穴の概要について 36-41
第13号 2005 与那嶺 江利子 エイサーにみる青年会活動とその展開 42-72
第14号 2006 當間 健作 戦時・戦後の沖縄に生まれた島うたに表現されるウチナーンチュの精神性 
「時代―金城実 戦時戦後をうたう」からの一考察
1-24
第14号 2006 島田 由利香 『琉球国由来記』記載御嶽の地理学的考察 
~名護・羽地・久志・浦添4間切を事例として~
25-40
第14号 2006 崎原 恒新 川平村の祭典台帳(注釈) 41-56
第15号 2007 川副 裕一郎 沖縄市登川の赤瓦屋解体について 1-7
第15号 2007 與那嶺 江利子 チョンダラーとニンブチャー 8-14
第15号 2007 比嘉 清和 確認されたメーヌカーガー橋の一部について 15-21
第15号 2007 崎原 恒新 沖縄市知花の民俗断片(1) ―島袋次郎・池原加那・崎山芳の話から― 22-32
第16号 2008 川副 裕一郎 沖縄市立郷土博物館での自然系テーマ展示の現状と課題 1-10
第16号 2008 盛口 満 琉球列島における絶滅危惧植物を扱った環境教育の実践 11-21
第16号 2008 崎原 恒新 沖縄市知花の民俗断片(2) ―島袋盛保・大宜味トミの話から― 22-33
第16号 2008 與那嶺 江利子 エイサーについての沖縄市青年会意識調査 34-42
第16号 2008 繩田 雅重 津嘉山森遺跡発掘調査概報 43-47
第16号 2008 比嘉 正一 沖縄県蝶類幼虫食草一覧(チェックリスト) 48-70
第16号 2008 長嶺 邦雄 沖縄県蝶類幼虫食草一覧(チェックリスト) 48-70
第17号 2009 盛口 満 沖縄島における冬中夏草相 1-4
第17号 2009 比嘉 賀盛 沖縄市地域の「古層の村々」について 
~考古学の調査と『おもろそうし』から~
5-15
第17号 2009 比嘉 正一 沖縄県の蝶類分布表 16-22
第17号 2009 川副 裕一郎 越来グスクに関する聞き取りと若干の考察 23-26
第17号 2009 比嘉 良憲 沖縄闘牛考 ~その様式の変遷~ 27-31
第17号 2009 與那嶺 江利子 第36回沖縄市立郷土博物館企画展関連事業 パネルディスカッション
「これからのエイサーの継承について」【記録】
32-52
第18号 2010 川副 裕一郎 小中学生の「不快害虫」の評価について 1-8
第18号 2010 玉栄 飛道 室川貝塚表採資料(1) ―土器資料を中心に― 9-13
第18号 2010 繩田 雅重 実践レポート 土器作り ―土器崩壊の謎― 14-19
第18号 2010 比嘉 清和 中の町小学校で発見された黒曜石原石について 20-24
第18号 2010 宮城 利旭 泡瀬の海(アーシヌウミ) ―古琉球~現代までの海岸線の移り変わり― 25-36
第18号 2010 崎原 恒新 仏壇と位牌の話 37-47
第19号 2011 川副 裕一郎 目的に特化した施設の運営について 1-8
第19号 2011 宮城 利旭 知花のシメナワウガン ―参与観察の事例報告― 9-14
第19号 2011 島袋 幸司 鍛冶屋の信仰について 15-24
第19号 2011 金城 良三 鍛冶屋の鉄を焼く装置についての報告 
―読谷村金城鍛冶屋の事例を中心に―
25-31
第19号 2011 井口 学 沖縄における鉄並びに鍛冶に関する文献等リスト 32-53
第20号 2012 川副 裕一郎 滑石を混入した土器の作成について 1-4
第20号 2012 島袋 幸司 沖縄市大里の文化財 5-27
第20号 2012 平良 徹也 沖縄市のウスデーク 
―ウスデーク歌で見る風土とヒトの景観論―
29-61
第20号 2012 平良 徹也 沖縄市のウスデーク歌 基本琉歌集一 一-一七
第21号 2013 繩田 雅重 沖縄市越来で発見された越来原遺跡について  
第21号 2013 島袋 幸司 沖縄市高原の文化財  
第21号 2013 藤田 祐樹
比嘉 清和
東京大学総合研究博物館所蔵の仲宗根貝塚出土資料  
第21号 2013 大谷 勉
川副 裕一郎
簡易的なカニの乾燥標本の作製について  
第21号 2013 金城 良三 沖縄島のカニの言語地図と呼び名  
第21号 2013 井口 学 奄美沖縄におけるエビ、カニに関する文献等目録  
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは教育部 市立郷土博物館が担当しています。

〒904-0031 沖縄県沖縄市上地2-19-6 文化センター3階
TEL:098-932-6882   FAX:098-933-6218
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ