スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ組織一覧総務部防災課 > 津波避難ビルについて

津波避難ビルについて

津波避難ビルとは

「津波警報」や「大津波警報」が発表され、避難勧告や避難指示が発令された場合などに高台への避難が困難となり、やむを得ず緊急的に一時避難するための建物です

平常時から家族や地域の自主防災組織、自治会などで話し合い避難場所を確認しておくことが重要です。

津波避難ビルの場所については防災マップにてご確認ください

活用する上での注意点

  • 津波時においては、近くの高台などへ迅速に避難することが大原則であり、必ずしも津波避難ビルに避難しなくてはならないということではありません。
  • 指定している施設は、主に民間の施設です。「津波注意報」では駆け込まないでください。
  • 避難スペースが満杯になる場合が考えられますので、普段からいくつかの避難ビルを把握しておいてください。
  • 「津波避難ビル」は一時的な避難場所なので、津波の恐れがなくなったら速やかに退去し、指定避難所に移動してください。
  • 故意に施設の器物などを破損した場合は、避難者の責任となり賠償費用を請求させていただくことになりますので十分にご注意願います。
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは総務部 防災課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 3F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-3830
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ