特別整理期間(蔵書点検)

  1. 特別整理期間(蔵書点検)

蔵書点検について

蔵書点検のため休館いたします。ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
2019年9月17日(火)~9月30日(月) 

休館中の返却について 

休館中は、返却ポストへ返却できます。

場所 利用時間 返却できない資料
沖縄市立図書館 午前8時~午後10時 CD・DVD・ビデオ・紙芝居・大型絵本
沖縄市役所 (平日)
午後8時半~午後6時半
(土日)
午前8時半~午後5時
CD・DVD・ビデオ・紙芝居・大型絵本

 休館中の「まなびの部屋」利用について

「まなびの部屋」はご利用いただけます。

月~金 午前9時半~午後10時
土・日 利用できません。

蔵書点検とは 

沖縄市立図書館をはじめ多くの図書館では、1年に一度、数日から2週間程度、蔵書点検のため休館しています。「図書館を長い間閉めて、何をしているんだろう?」と思われている方も多いかと思います。

「蔵書点検」とは、簡単に言うと「棚卸」のような作業のことです。利用者の皆さまの貴重な財産である蔵書が無くなっていないか、実際に本棚に並んでいる場所とデータが正しく一致しているかどうかを点検します。
市立図書館の蔵書23万冊すべての資料を点検するため、どうしてもまとまった期間図書館を閉めて、全職員で作業をする必要があります。
皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

蔵書点検の様子 

蔵書点検の様子 本棚の整理
本棚の整理

本や本棚のほこりを掃うため、棚から本を出して拭いていきます。
点検作業を行いやすいように、分類番号順にきちんと並んでいるかも確認していきます。
また、古い資料を閉架に移動させたり、リサイクルする資料を抜き取る作業も行います。

 
蔵書点検の様子 カビ本の処理
カビの処理

棚にカビがあった場合は、アルコールで棚を拭き、しばらく乾燥させます。
カビのついた本は、カビを取り除き、アルコール消毒、乾燥、研磨などの作業を行います。

 
蔵書点検の様子 点検作業

蔵書点検の様子 点検作業
点検作業

ハンディターミナルという機械やアンテナを使って、資料に貼ってあるバーコードやICタグを読み取っていきます。
本・雑誌・紙芝居・CD・DVD(ビデオ)など、すべての資料を読み取ります

 
 
所在不明資料の捜索

ハンディターミナルやアンテナで読み取った情報をシステムに転送すると、読み取りされなかった資料が所在不明資料としてリスト化されます。このリストをもとに、館内を捜索します。