読書手帳

読書手帳とは、あなたが読んだ本の記録を残しておける手帳です。

どんな本を読んだか振り返ったり、シリーズものの本をどこまで読んでいたか確認したり、お子さんにどんな絵本を読んであげたか思い出を残したり…と、様々な使い方ができます。
友だち・家族との情報交換、次に読む本の参考などにご活用ください。

お手持ちのノートや手帳を使った読書手帳

図書館から借りた本の記録をシールに打ち出し、ノートや手帳に貼ることにより、簡単に読書記録を残すことができます。

お手持ちのノート(手帳)を使った読書手帳の使い方

読書手帳用シールの出し方

(1)メインカウンター前の資料検索機(OPAC)から、借りている本を選択します。

(2)シールプリンタより、シールをプリントします。

(3)シールをお好きな手帳やノートに貼ります。

読書手帳の利用上の注意

※読書手帳は、個人情報を含むものです。個人の責任において大切に保管してください。

  • 読書手帳用シールをプリントするためには、事前に利用者カードのパスワード登録が必要です。パスワードは図書館カウンターにて受付しています。
  • シールのプリントは資料1点につき1回までです。
  • プリントできるのは、貸出中の資料のみです。(返却すると貸出履歴は削除されるため、プリントできなくなります)

手づくり読書手帳

ダウンロードファイルから、手づくりで読書手帳が作れます。お好みで飾り付けても楽しいですよ。
図書館の児童カウンターでも配布しています。

ダウンロード

手づくり読書手帳 読書手帳【A3サイズ】
手づくり読書手帳の作り方 読書手帳の作り方
手づくり読書手帳の使い方 読書手帳の使い方

※「手づくり読書手帳」の用紙サイズはA3です。A4サイズでプリントアウトしてお使いの際は、A3サイズに拡大コピーしてご利用ください。

お気に入りの手帳やノートに貼って、自分だけのオリジナル読書手帳を作ってみてください。 感想や心に残った言葉など、思いついた一言を書いてみてもいいかも! 読書がより楽しくなりますように。