スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報税金住民税 > 平成30年度からの医療費控除について

平成30年度からの医療費控除について

最終更新日:2017年12月11日

医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)とは

 健康の増進及び疾病の予防への取組として一定の取組(※1)を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(※2)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。 対象期間は平成30年度~平成34年度申告(平成29年収入分~平成33年収入分)となります。

控除の概要

計算式
対象医薬品購入費ー1万2千円=医療費控除額(上限8万8千円)

※留意点
・対象医薬購入費が10万円を超えたら、必ず医療費控除8万8千円が適用されます。
・従来の医療費控除と選択制です。
・医療費控除と同様に、生計を一にする親族が購入した分も申告者の控除にできます。
一定の取り組み内容(※1)
1.健康診査
2.予防接種
3.定期健康診断
4.特定健康診査
5.がん検診
スイッチOTC医薬品(※2)
スイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品のことです。
購入した医薬品が対象商品である場合、レシートに★印などが印字されています。また製品のパッケージに識別マークが印字されているものもあります。
 対象医薬品については、以下のリンクをご参照ください。
・セルフメディケーション税制(医療費特例)について(厚生労働省ホームページ)

医療費控除の適用について

本特例または従来の医療費控除かのどちらか一方のみの適用となります。

 
  医療費控除 セルフメディケーション税制
対象 治療費または療養に必要な医薬品、治療費、交通費など スイッチOTC医薬品
控除額 (支払った医療費ー保険などで補てんされた額)
-(「10万円」と「合計所得×5%」いずれか少ない額
対象医薬品購入費ー1万2千円
控除上限額 200万円 8万8千円
控除を受けるために
必要な取り組み
特になし 特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査
がん検診 ※いずれか
申告に必要な書類 ① 医療費控除の明細書
② 健康保険等が発行する「医療費のお知らせ」
③ ②に含まれていない医療費の領収書(集計してお持ちください)
①一定の取り組みを行ったことが確認できる書類。(領収書や結果通知等)
②セルフメディケーション税制の明細書または対象医療品を購入した領収証(集計してお持ちください)

 

明細書
1.医療費控除の明細書(国税庁ホームページ)
2.セルフメディケーション税制の明細書(国税庁ホームページ)

個人住民税の申告にもご利用ください。記入の際は明細書裏面の記載要領をご確認ください




 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは総務部 市民税課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-982-1023
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ