トップページ > 地域・環境 > 環境 > 環境教育 > 泡瀬地区環境利用学習

更新日:2022年3月1日

ここから本文です。

泡瀬地区環境利用学習

泡瀬地区環境利用学習の様子

背景

人口増加や工業化の進行などで地球環境が悪化していていくことが危惧される中で、環境との共生を図るための人材として、自分で気づき、考え、判断し、対応することの出来る臨機応変性の高い人材の育成が求められている。
また一方で、本土復帰以降急速に失われつつある地域のつながり(自然・歴史・民俗)を再構築し、感受性豊かで郷土への愛着を持った人材を育成していくことが地域社会の維持発展に不可欠となっている。

目的

泡瀬地区人工島の活用に当たり、泡瀬地区の豊かな自然と、人口密集地に近いという環境を活かして、泡瀬地域の自然・民俗・歴史への深い理解と愛着を持った次世代を育てるため、泡瀬地区における環境利用学習の継続発展を目的とする。

そのため、ここで取り扱っていく体験学習の成果は従来の知識詰め込み型の学習と異なり、短期的成果や直接的効果が現れる性質のものではなく、上述のような今後生じてくるであろう課題に対し、対応できる人材の層を増やしていくなど、間接的、中長期的に貢献する分野である。
具体的には環境との共生、自然環境の保全、郷土伝統文化の継承、郷土の歴史の伝承を図るための次世代の人材育成である。

お問い合わせ

建設部東部海浜開発局 計画調整課 

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号

電話番号:098-939-1212

ファクス番号:098-939-6313