Important Figures

『大山朝常のあしあと』うるま通信社

大山 朝常 Chojo Oyama 1901-1999

大山朝常氏は1901年越来村(現沖縄市)に生まれ、県立農学校、県立師範学校を卒業。戦前は小学校で教師を務めたほか越来青年学校校長も務めました。戦後は室川小学校校長に就任。その後、沖縄社会大衆党の結成に参画し立法院議員に当選。1958年にコザ市長に当選。1974年に美里村とコザ市が合併し沖縄市が誕生するまでの4期16年を務めました。米軍政権下の市政を運営し、米軍のオフリミッツ問題をはじめ祖国復帰運動やコザ暴動など激動の時代の中で米軍と市民の間に立ち、「基地依存経済からの脱却」を訴え続けました。著書に『大山朝常のあしあと』などがあります。

Chojo Oyama was born in Goeku in 1901. In 1958 he was elected mayor of Koza. He served for 16 years over four terms until 1974 when Okinawa City was formed through the consolidation of Misato Village and Koza City. In the turbulent days when Okinawa was experiencing the reversion movement and the Koza Riot, he stood between the U.S. military and citizens, appealing for the end of the city's economic dependence on military bases.

『島マスのがんばり人生』
ー基地の街の福祉に生きてー
島マス先生回想録編集委員会編
南西印刷

島 マス Masu Shima 1900-1988

島マスさんは1900年、美里間切伊波村(現うるま市石川)に生まれ、県立女子師範学校を卒業後教師となり、1929年まで教鞭を執りました。1948年に米民政府越来村駐在の厚生員に就任し、これを機に生涯を社会福祉事業に尽くすことになります。胡差児童保護所やコザ女子ホームの設立に尽力し、1958年には中部地区社会福祉協議会の事務局長に就任。以後、県更生保護婦人会初代会長など数々の要職を歴任。戦後沖縄が抱える社会問題に取り組み、地域福祉活動の礎を築きました。島マスさんの理念は『島マス記念塾』として今も大切に受け継がれています。

Masu Shima was born in Iha, Misato in 1900. After working as a teacher, She became a U.S. military government social worker in 1948. She worked to establish the Koza Childcare Facility and the Koza Girls Home. She also served in the important posts of Director of the Chubu District Social Welfare Assembly and the first Chairman of the Prefectural Women's Association for Rehabilitation Aid. Her contribution became the foundation of the approach to community welfare responses to the social issues facing Okinawa.

『照屋林助・小那覇舞天 うちな〜ゆんたく・沖縄の笑い芸』アジマァ
『沖縄よろず漫芸 平成ワタブーショー 沖縄チャンプラリズムの神髄2』
『平成ワタブーショー3 スマイル? 沖縄の笑い』オーマガトキ

照屋 林助 Rinsuke Teruya 1929-2005

「てるりん」の愛称で親しまれた照屋林助氏は、琉球古典音楽の重鎮でもあった父・照屋林山の長男として1929年に大阪で生まれました。父から古典音楽を学びつつも、小那覇舞天氏に出会い多彩な芸能活動を始めます。終戦直後、「ヌチヌ グスージ サビラ(命のお祝いをしましょう)」と、舞天氏と共に避難民収容所を訪ねて歌い踊り、戦禍で傷ついた人々の心を笑いで癒し希望を与えた話は有名です。1957年に結成した三線と漫談の『ワタブーショー』で一世を風靡し、沖縄の芸能に多大な影響を与え続けました。著書に『沖縄がすべて』(筑紫哲也共著)、『てるりん自伝』などがあります。

The oldest son of Rinzan Teruya, a prominent figure in classical Ryukyu music, Rinsuke Teruya was born in Osaka in 1929. While learning classical Ryukyu music from his father, he and Buten Onaha pursued a variety of performing arts. They became well-known for visiting refugee camps, where their performances eased people's pain and sadness and gave them hope. Teruya had a profound and enduring impact on Okinawan performing arts.

『BEFORE/AFTER』
BCレコード
『沖縄島唄の伝説 〜海・恋・戦〜 嘉手苅林昌全集』
『風狂歌人 ザ・ベスト・オブ 嘉手苅林昌』
ビクターエンタテインメント

嘉手苅 林昌 Rinsho Kadekaru 1920-1999

1920年に越来村(現沖縄市)に生まれ、幼少の頃から歌人でもあった母の歌に合わせて三線を弾いていたといいます。15歳になると村の行事やエイサーなどで活躍し、戦後は馬車曳きをしながら歌い続け、沖縄に復興の兆しが見え始めた頃には、沖縄芝居の地謡として各地を歌い歩き、ラジオ出演やレコードを発売するなど次第に人気を博するようになりました。1973年には竹中労のプロデュースで東京で独演会を開催し、多くの人々に衝撃を与えました。以来、沖縄民謡界の最高峰として活躍。その独特の歌声と風貌、見事な三線の腕前、自由奔放な生き方で多くの人々に愛され続けました。

Rinsho Kadekaru was born in Goeku in 1920. He played an active role in village events and Eisa, and after the war, he toured the region on foot as a performer of Okinawan theatrical shows, gaining popularity through radio appearances and record sales. In 1973 he gave a one-man show in Tokyo which made his name. He served as the most prominent exponent of Okinawan folk singing. With his bohemian lifestyle, he won broad admiration.