スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

土地利用

土地は、都市の健全なる発展と秩序ある整備を図るため、効率的かつ有効的に利用する必要があります。

 このため、将来の土地利用を示すマスタープランと市街化区域と市街化調整区域のいわゆる線引き制度、用途地域をはじめとする地域地区などの制度があり、これらの制度の活用によって都市の特性、発展に応じた土地利用計画の確立、実現を図る必要があります。

用途地域

12種類の用途地域のイメージ(改正都市計画法・建築基準法)
第一種低層住居専用地域 第二種低層住居専用地域 第一種中高層住居専用地域 第ニ種中高層住居専用地域
低層住宅の良好な環境を守るための地域です。小規模なお店や事務所をかねた住宅や、小中学校などが建てられます。 主に低層住宅の良好な環境を守るための地域です。小中学校などのほか150m2までの一定のお店などが建てられます。 中高層住宅の良好な環境を守るための地域です。病院、大学、500m2までの一定のお店などが建てられます。 主に中高層住宅の良好な環境を守るための地域です。病院、大学などのほか、1500m2までの一定のお店や事務所など必要な利便施設が建てられます。
第一種住居地域 第ニ種住居地域 準住居地域 近隣商業地域
住居の環境を守るための地域です。3000m2までの店舗、事務所、ホテルなどは建てられます。 主に住居の環境を守るための地域です。店舗、事務所、ホテル、パチンコ屋、カラオケボックスなどは建てられます。 道路の沿道において、自動車関連施設などの立地と、これと調和した住居の環境を保護するための地域です。 近隣の住民が日用品の買物などをするための地域です。住宅や店舗のほかに小規模の工場も建てられます。
商業地域 準工業地域 工業地域 工業専用地域
銀行、映画館、飲食店、百貨店などが集まる地域です。住宅や小規模の工場も建てられます。 主に軽工業の工場やサービス施設等が立地する地域です。危険性、環境悪化が大きい工場のほかは、ほとんど建てられます。 どんな工場でも建てられる地域です。住宅やお店は建てられますが、学校、病院、ホテルなどは建てられません。 工場のための地域です。どんな工場でも建てられますが、住宅、お店、学校、病院、ホテルなどは建てられません。

特別用途地区

特別用途地区は、用途地域内において特別の目的から土地利用の増進、環境の保護等を図るため定める地域です。

文教地区

文教地区は、教育、文化施設の環境を保護、育成し、都市の健全な発展を図ることを目的としています。
本市においては昭和36年9月に計画決定し、現在14地区324.2haを定めています。

防火地域・準防火地域

商業地域などで、建築物の密集した延焼率が高い市街地において、建築物の耐火性能を向上させ、火災による危険の防除、損害の軽減を図るために定める区域です。

本市では、現在76haを防火地域に、64haを準防火地域に指定しています。

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは建設部 都市計画担当が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 5F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-7341
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ