スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

ごあいさつ

最終更新日:2020年01月01日

年頭のごあいさつ

 『 輝きを放つ沖縄市へ 』
 
 明けましておめでとうございます。
 市民の皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年は、平成から令和へと御代が替わり、新たな時代の幕開けとなり、令和元年となる節目の年に、沖縄市は、市政施行45周年を迎えました。
 昨年を振り返りますと、本市出身の方々の活躍が数多くみられ、多くの喜びに沸き、本市や市民の持つポテンシャルの高さを改めて実感した年でございました。
 美東中学校女子ハンドボール部が九州大会連覇を成し遂げたほか、市内ダンススクールに通う中学生チーム「FUNKYU SIXERS」が国内最大規模のキッズダンスコンテストにおいて優勝、そして、本市出身の音楽大生 古堅志希さんが「第17回イタリア国際打楽器コンクール」において頂点に輝くなど、エネルギーと情熱に満ちあふれた若い力に活気づけられました。
 また、「Bリーグオールスターゲーム2021」の開催地に本市の「沖縄アリーナ」が決定するなど、こども達だけでなく、多くの市民に夢と希望を与えるニュースもあり、大変喜ばしく感じております。

 さて、令和2年度は、市民待望の「沖縄アリーナ」が供用開始を予定しているとともに、日本一ユニークな動物園をめざす「沖縄こどもの国」が開園50周年を迎え、更なる進化をめざします。市内外から多くの人が集まることが期待され、本県の経済や産業を牽引できるような力強い沖縄市の実現に向け、引き続き、雇用や観光資源の創出など、様々な施策に取り組んでまいります。

 また、子育てがしやすいまちをめざして、市内で公設民営5番目となります学童クラブの越来小学校内新築工事、美里中学校区への児童館整備に向けた取り組みに加え、発達支援や待機児童対策、妊娠期から子育て期における切れ目のない支援等の充実を図ってまいります。
 さらに、東京2020オリンピック・パラリンピック大会の開催が間近に迫り、聖火リレーが訪れる本市においては、益々その機運が高まっております。誠に喜ばしいことに、本市出身で名誉市民であります上与那原寛和選手、ちゃんぷる~沖縄市大使の喜友名諒選手が、日本代表入りを確実なものとしております。地元自治体として大変誇らしく、お二人の活躍を大いに期待するとともに、市を挙げて、オリンピック・パラリンピックを盛り上げてまいりたいと思います。

 新しい年を迎え、輝きを放つ沖縄市に向け、職員一丸となって邁進してまいりますので、市民の皆様には、より一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、本年も皆様にとりまして幸多き年となりますよう心より祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。

 
                                      沖縄市長 桑 江 朝千夫

 


 

このページは総務部 秘書広報課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 3F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-0656
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ