スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ組織一覧市民部環境課 > 令和元年ハブ咬症防止運動の実施について

令和元年ハブ咬症防止運動の実施について

最終更新日:2019年08月31日

 沖縄県には、猛毒を持つハブが生息し、年間100件前後の咬症被害が発生しております。
 1年のうちでも、9月から11月にかけては、ハブの数が増加し、加えてこの時期は、農作業で田畑や山野への出入りが多いことから、咬症被害も多く発生しております。
 沖縄県では、咬症被害を未然に防止するため、被害が多い9月から11月を「ハブ咬症防止運動」月間と定め、ハブ咬症防止運動を実施しております。市民の皆様におかれましても、草刈やハブのエサとなるネズミの駆除等により、ハブが生息・侵入しにくい環境整備を行い、ハブによる被害を未然に防止するようよろしくお願いいたします。

※ハブを見かけたときには、安易に手をださず、沖縄市役所 環境課もしくは警察に連絡するようにしましょう。
※沖縄市役所 環境課では、ハブ捕獲器の貸出を無料で行っております。貸出をご希望される方は、環境課までお問い合わせください。

・沖縄県 令和元年「ハブ咬症防止運動」実施要綱
・【参考】ハブ対策について

沖縄市役所 環境課 環境衛生係
電話番号:098-939-1212(内線2222)
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 環境課 が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 B2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-0609
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ