スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ組織一覧総務部防災課 > 津波災害警戒区域の指定について

津波災害警戒区域の指定について

最終更新日:2018年03月28日

 平成30年3月27日、沖縄市内において、県は、津波防災地域づくりに関する法律に基づき、津波災害警戒区域を指定しました。
 

津波災害警戒区域(通称:イエローゾーン)とは
 

  • 最大クラスの津波に対して津波被害を防止するため、警戒避難体制の整備を行うことにより、住民等が平常時には通常の日常生活や経済社会活動を営みつつ、いざというときには津波から「逃げる」ことができるよう知事が指定する区域です。

 

  • 津波災害警戒区域指定にあたっては、基準水位も併せて公示されます。

 

  • 津波災害警戒区域内では、土地利用や開発行為等に規制はかかりません。

 

  • 宅地建物取引業者は、取引対象となる物件について津波災害警戒区域内にあるときは、その旨を取引相手方等に重要事項として説明が必要となります。

 詳しい内容については、下のリンクをご確認ください。
津波災害警戒区域等の指定について(県ホームページ)
沖縄市における津波災害警戒区域(県ホームページ)
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは総務部 防災課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 3F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-3830
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ