2月のおはなし会

  1. 2月のおはなし会

最終更新日:2021年02月04日


2月のおはなし会
 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、先着10組までのご参加とさせていただきます。
また、状況によっては開催場所の変更や中止となる場合もあります。
予定日に開催状況をHPや電話でご確認下さいますようお願いいたします。


毎月第2・3・4土曜日に、午後3時から約30分間、
「多目的ルーム」にて絵本の読み聞かせや紙芝居、手遊びなどをおこなっています。
どうぞお気軽にご参加ください♪

2月13日(土)

『うがいライオン』(絵本)

長谷川義史絵/鈴木出版

 どうぶつえんにるライオンは、ながいこと、「ひゃくじゅうのおう」にふさわしいように、おきゃくさんにきばをむき、つよそうにしてきましたが、そんなじぶんにあきあきしていました。あるひ、おきゃくさんをおもいっきりわらわせようと、わざと、すべってころんでみたものの…。

『にんじんかりかりかじったら』(絵本)

柴田ケイコ絵/金の星社

 うさぎさん、にんじんかりかりかじったら、かりかりおえかきはじめたよ。「かりかり」や「つやつや」など、おなじおとのちがういみがわかる、ゆかいなオノマトペ絵本。

2月20日(土)おはなしボランティアゆいゆいさん担当

『おまえうまそうだな』(絵本)

宮西達也作絵/ポプラ社

 おなかをすかせた大きな恐竜が、あかちゃん恐竜を見つけてとびかかろうとすると…。お父さんにまちがえられた大きな恐竜と、あかちゃんの愛情の物語。

『エパミナンダス』(素話)

 

繰り返し語られてきた、子どもたちに人気の物語。

2月27日(土)

『メアリー・スミス』(絵本)

アンドレア・ユーレン作/光村教育図書

 夜明け前、メアリー・スミスは町はずれの家をでてパン屋・汽車の車掌さんと町なかを歩いてマメをとばして、みんなを起こします。ロンドンで実在したメアリー・スミスのおはなし。

『うさぎのおうち』(絵本)

ガース・ウィリアムズえ/ほるぷ出版

 春のあかるいひざしのなか、こうさぎが自分の家を探しにでかけました。でも、うさぎにぴったりの家は、なかなか見つかりません…。絵本の黄金コンビ、マーガレット・ワイズ・ブラウンとガース・ウィリアムズの名作絵本。

いのもち