6月のおはなし会(午後3時~)

  1. 6月のおはなし会(午後3時~)

最終更新日:2018年06月01日



毎月第2・3・4土曜日に、午後3時から30分間、
「おはなしの部屋」にて絵本の読み聞かせや紙芝居、手遊びなどをおこなっています。
どうぞお気軽にご参加ください♪

6月9日(土)

『えんまのはいしゃ』(絵本)

くすのきしげのり作 二見正直絵 / 偕成社

生きているときのいいかげんな治療をしていたことをえんまさまに責め立てられた歯医者は、言い逃れをして、なんとか地獄に送られないよう立ち回ります。ほらふき歯医者に振り回される、えんまさまたちの愉快なお話。

『雨のふらない島』(絵本)

ハンダトシヒト作 / ビリケン出版

ずーっとずーっと南のちいさな島には王さまがいて、みんなで、たのしくのんびりくらしていました。ところがこまったことに雨がふらなくなったのです。王さまは「雨の神さん」においのりをしました。するとある日-。

6月16日(土)

『むくむくぽっかりほんわりこ』(紙芝居)

松井紀子脚本・画 / 童心社 

 

『おとうさん』(大型紙芝居)

与田凖一脚本 田畑精一画 / 偕成社

 

6月30日(土)

『14ひきのせんたく』(絵本)

いわむらかずおさく / 童心社

森じゅうに夏の太陽が差し込んだ。さあ、洗濯に出かけよう。洗濯ものをいっぱい持って、お母さんと一緒に子どもたちは谷川へ。あとからおばあさんも、おじいさんも、お父さんもやってきて…。

『ぐるんぱのようちえん』(絵本)

西内ミナミさく 堀内誠一え / 福音館書店

ぐるんぱはとても大きな象です。ずうっとひとりぼっちで暮らしてきました。ある日、働きに出ることになりますが、何を作っても大きすぎて、売り物にならず「もう結構」と断られます。

うわ