スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報税金税制改正について > 配偶者控除、配偶者特別控除の改正について

配偶者控除、配偶者特別控除の改正について

最終更新日:2018年12月14日

配偶者控除、配偶者特別控除の改正について
  平成29年度税制改正で、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の適用される納税者本人に所得制限を設けることとし、合計所得金額が900万円(給与収入1,120万円)を超える場合には控除額が逓減、消失する仕組みとなりました。
 この改正は、平成30年分以後の所得税から適用され、個人住民税は平成31年度以後から適用されます。

 
配偶者控除の改正
 平成30年度までは、同一生計配偶者の前年の合計所得金額が38万円以下(給与収入103万円以下)の場合、納税者本人の所得に関わらず個人住民税では一律33万円(配偶者が70歳以上の場合38万円)の配偶者控除の適用を受けられましたが、平成31年度からは納税者本人の合計所得金額が1,000万円(給与収入1,220万円)を超える場合、配偶者控除の適用を受けることができないこととされました。
 また、本人の合計所得金額に応じて、下表のとおり控除額が逓減、消失します。 



 
配偶者特別控除の改正
  平成30年度までは、配偶者特別控除については、その適用を受けられる配偶者の前年の合計所得金額の上限が76万円未満(給与収入141万円未満)でしたが、平成31年度からは合計所得金額が123万円以下(給与収入201.6万円未満)に引き上げられました。
 また、納税者本人の合計所得金額に応じて、下表のとおり控除額が逓減、消失します。なお改正前の制度と同様に合計所得金額が1,000万円(給与収入1,220万円)を超えると、配偶者特別控除は適用できないこととされています。



 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは総務部 市民税課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-982-1023
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ