スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報健康・健診健康診査・がん検診 > 健診・がん検診を受けましょう!!

健診・がん検診を受けましょう!!

最終更新日:2020年03月24日

やっています!今年もあなたの近くの診断。
 大切な方やご家族、ご自身のために、今年も健診・がん検診を受けましょう!!
 

令和2年度 沖縄市健診ガイド

 沖縄市では、18歳以上の市民を対象に基本健診(特定健診、長寿健診、一般健診)と各種がん検診等(胃、肺、大腸、子宮頸、乳がん他)を実施しております。
※受けられる項目等、詳しくは「令和2年度 沖縄市健診ガイド(PDF)」
                 ご確認ください。※個別健診病院一覧については、随時更新されますので下記をご覧ください。
 

受診方法について

 2つの受診方法から選ぶことができます。
 
 1.個別健診・・指定医療機関にて受診する方法
                           都合のつく日に受けたい方、人間ドックで詳しく検査したい方
         にオススメです♪

            
 2.集団健診・・市役所や体育館などで受診する方法
         
※対象年齢の方は、次の検査を無料で受けることができます
            
骨粗鬆症検診、肝炎ウイルス検診、前立腺がん検診、胃がんリスク検診
  

基本健診について     

 年齢や保険証の種類によって基本健診の呼び方が変わりますが、検査項目は同じです。
 ○一般健診:39歳以下、生活保護世帯など
 ○特定健診:40~74歳の国民健康保険加入者
       
※75歳の誕生日を迎えた方は、長寿健診受診券が必要となりますのでご注意ください。
 ○長寿健診:75歳以上の方、後期高齢者医療保険加入者
 

がん検診について

 多くのがんは初期には自覚症状がほどんどないため、国の推奨する5つのがん検診を定期的に受けることで、早期発見・早期治療が可能となります。
 ただし、がん自体が小さすぎたり、見つけにくい場所にできていたりすると、そのがんを見つけられない場合もありますし、がんでなくても「要精密検査」と判定される場合もあります。
 がん検診には上記のようなデメリットもあることを知った上で受けることが大切です。
※国の推奨する5つのがん検診とは、胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診、子宮がん検診、乳がん検診です。

 

がん検診の結果が「要精密検査」と言われたら・・・

 がん検診を受けた結果が「要精密検査」だった方は、必ず精密検査を受ける必要があります。精密検査を受けることで、がんやがん以外の病気を自覚症状が出るよりも早い段階で見つけることが可能となります。
 沖縄県では、がん検診について一定の条件を満たしている機関を「がん検診精密検査協力医療機関」として認定し公表しています。精密検査を受ける場合の医療機関選びの参考にされてください。
※名簿への登載は希望制となっているため、名簿登載機関と同等の条件を満たしている場合であっても、名簿に登載されていない医療機関もあります。

○胃がん検診精密検査協力医療機関名簿
○肺がん検診精密検査協力医療機関名簿
○大腸がん検診精密検査協力医療機関名簿
○子宮頸がん検診精密検査協力医療機関名簿
○乳がん検診精密検査協力医療機関名簿

 

風しん抗体検査について

 集団健診で、風しん抗体検査を受けることができます。
検査を受けるためには、クーポンが必要となりますので、事前にお問い合わせください。
  対象者:昭和37年4月2日昭和54年4月1日生まれの男性
      
※麻しん・風しん予防接種を受けていない世代です。
 

子宮頸がん・乳がん検診無料クーポン券について

 沖縄市では、国の補助事業を活用し、今年度21歳になる女性に対して、子宮頸がん検診の
無料クーポン券、今年度41歳になる女性に対して、乳がん検診の無料クーポン券を5月中
旬頃にお届けしています。


  ※対象者の生年月日 
       子宮頸がん検診          がん検診
 平成11年4月2日~平成12年4月1日  昭和54年4月2日~昭和55年4月1日
 

沖縄市に転入された方へ(令和2年3月1日以降に転入された方)

 市民健康課では転入された方へ、青い封筒で受診券の発送を行っております。
転入後、1か月以上経っても受診券が届かない場合は、市民健康課までご連絡ください。

※職場健診で受診できる方は、そちらを優先に受診してください。
※受診券は、令和2年3月1日時点の情報で発行しています。そのため、
 前年度課税状況が不明等、様々な理由で「自己負担」で発行する場合があります。
 下記に当てはまる方は、「自己負担
」の受診券に差し替えることができますので、
 市民健康課までお問い合わせください。
 ○非課税世帯:前住所のある市町村から世帯人数分の課税証明書(平成31年度)を
        発行してもらい、提出してください
 ○生活保護世帯:生活保護開始日を申告してください
 ○後期高齢者医療制度に加入:制度の加入日を申告してください

 
 

お問合せ先 沖縄市役所 (代表)939-1212 

 特定健診・一般健診・がん検診・人間ドック・脳ドック     
                …市民健康課 健診係(内線)2240
   長寿健診           …国民健康保険課 後期高齢医療係(内線)2118
 風しん抗体検査        …こども相談健康課 予防係(内線)2232・2233
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 市民健康課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町 沖縄市役所B2階
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ