スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報高齢者・介護介護保険事業者向け情報 > 指定居宅介護支援事業所の管理者要件について

指定居宅介護支援事業所の管理者要件について

最終更新日:2020年06月12日

 指定居宅介護支援事業所の管理者要件について

 平成30年度介護報酬改定において、居宅介護支援事業所の管理者要件が「主任介護支援専門員」に変更され、その際、令和3年3月31日まではその適用を猶予するとの経過措置が設けられました。

その後、社会保障審議会介護給付費分科会による「居宅介護支援事業所の管理者要件等に関する審議報告」を受け、令和2年6月5日に指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準及び指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部を改正する省令の一部を改正する省令(令和2年厚生労働省令第113号)が公布されたのでお知らせします。

詳しくは、下記をご参照ください。

介護保険最新情報vol.843(令和2年6月5日)
指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準及び指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部を改正する省令の一部を改正する省令の公布等について(通知)
 

 改正の内容


 1. 管理者要件

  令和3年4月1日以降、居宅介護支援事業所管理者となる者は、いずれの事業所であっても主任介護支援専門員であること。 

  ただし、以下のような主任介護支援専門員の確保が著しく困難である等やむを得ない理由がある場合については、介護支援専門員を管理者とする取り扱いを可能とする。

① 令和3年4月1日以降、不測の事態(※)により、主任介護支援専門員を管理者とできなくなってしまった場合で、その理由と今後の管理者確保のための計画書を保険者に届け出た場合。

(※)不測の事態として想定される主な例
 ・本人の死亡、長期療養など健康上の問題の発生
 ・急な退職や転居 など

 ☞この場合、管理者を主任介護支援専門員とする要件の適用を1年猶予する。利用者保護の観点から特に必要と認められる場合(当該地域に他に居宅介護支援事業所がない場合など)には、保険者判断により猶予期間を延長することができる。

② 特別地域居宅介護支援加算または中山間地域等における小規模事業所加算を取得できる場合



2. 管理者要件の適用の猶予

令和3年3月31日時点で、管理者が主任介護支援専門員ではない居宅介護支援事業所については、当該管理者が管理者である限り、管理者を主任介護支援専門員とする要件の適用を令和9年3月31日まで猶予する。

 

  お問い合わせ

 〒904-8501 沖縄市仲宗根町26番1号
 沖縄市役所 介護保険課 管理係
 電話番号:939-1212(内線3098・3168)


 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 介護保険課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ