スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報暮らし・環境環境・エコ > 沖縄市地球温暖化対策実行計画について

沖縄市地球温暖化対策実行計画について

最終更新日:2018年10月26日


 ○沖縄市地球温暖化対策実行計画【事務事業編】                               

※「沖縄市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)第2次計画」を策定いたしました。
 

平成26年度~平成30年度

地球温暖化問題は、私たちが「便利で豊かな暮らし」を得る一方で、石油や石炭といった化石燃料を消費し、温室効果ガス(二酸化炭素など)を大量に排出してきたことが原因とされており、地球規模の大きな問題となっています。

地球温暖化問題への国際的な取り組みが進められる中、日本においても「地球温暖化対策の推進に関する法律」や「京都議定書目標達成計画」が定められました。

本市においても、地球温暖化対策の一環として環境配慮への取り組みを推進するため、平成21年に「沖縄市地球温暖化対策実行計画」を策定しており、この度これまでの計画を見直し、新たに「沖縄市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)第2次計画」を策定致しました。
 

詳しい内容は、以下のリンクからご覧ください。
      ↓↓↓↓


※平成25年度実績報告から、指定管理者制度施設も含めております。


 ○沖縄市地球温暖化対策実行計画【区域施策編】                               

本市では「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき、温室効果ガスの排出を削減し、地球温暖化防止に向けた施策を総合的かつ計画的に推進するため、地球温暖化対策実行計画(区域施策編)を策定しております。
本計画では、地球温暖化対策に取り組むことで平成32年度までに温室効果ガスを17万トン削減することを目標とし、市域全体を対象として、市民・事業者・行政が連携、協力していく計画となっております。

♢地球温暖化とは
●地球温暖化とは、ひとの活動に伴って発生する二酸化炭素や       
メタンなどの温室効果ガスの大気中の濃度が高くなることにより
地球全体の気温が上昇する現象です。


♢温暖化による影響
●地球温暖化は、地球全体の気候変動をもたらし、自然環境や   

私たちの生活に大きな影響を及ぼすことが懸念されています。
 ・沿岸域での海面上昇   ・強い熱帯定期あるの増加
 ・ブナ林等の分布の減少  ・サンゴの白化
 ・猛暑日や熱帯夜の大幅な増加      等 
●沖縄地方における100年あたりの年平均気温は、那覇市で
約1.10℃上昇しています。                   

        
出典:全国地球温暖化防止活動推進センター 
 
♢本計画(区域施策編)の目的
●本計画(区域施策編)は、沖縄市の自然的条件や社会的条件を踏まえ、温室効果ガスの排出抑制を総合的かつ計画的に進めるための施策を定め、市域における地球温暖化対策を推進することを目的とします。
●市域全体における温室効果ガスの排出を算出し、また、将来の排出量の予測を行い、今後の温室効果ガス削減目標を設定し、現実的な削減施策を展開するため本計画(区域施策編)を策定しました。
 

    下記のリンクよりご覧ください。        
         ↓↓↓↓                

   沖縄市地球温暖化対策実行計画 -区域施策編- 概要リーフレット    

 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 環境課 が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 B2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-0609
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ