スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報暮らし・環境 > 平成30年ハブクラゲ発生注意報の発令について

平成30年ハブクラゲ発生注意報の発令について

最終更新日:2018年06月01日

 本県には、猛毒を持つハブクラゲが生息し、年間100~200人前後の刺症被害が発生しております。ハブクラゲは6月頃から人体に影響を与える大きさに成長するため、これから本格的な海水浴シーズンを迎えるにあたり、海水浴・マリンレジャー等の際にハブクラゲ刺症事故に遭わないよう、広く県民・観光客等に対し、注意を喚起する必要があります。
 つきましては、沖縄県保健医療部よりハブクラゲ発生注意報が発令されております。海水浴やマリンレジャー等を行う際は、十分に気をつけるようにしましょう。
 

ハブクラゲ刺症を未然に防ぐには

①海水浴をする場合は、肌の露出を避け、ハブクラゲ侵入防止ネットの内側で泳ぎましょう。
②海に出かける際は、酢(食酢)を持参しましょう。
 

ハブクラゲに刺された場合は、落ち着いて対処し、

①まず海から上がり、激しい動きをしないで、近くにいる人に助けを求めましょう。
②刺された部分はこすらずに、酢(食酢)をたっぷりかけて触手を取り除いた後、氷や冷水で冷やしましょう。
③応急処置をし、医療機関で治療を受けるようにしましょう。



・平成30年ハブクラゲ発生注意報
・平成30年ハブクラゲ発生注意報(英語版)
・平成30年ハブクラゲ発生注意報(中国語版)
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 環境課 が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 B2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-0609
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ