スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報子育て > 令和元年10月1日より幼児教育・保育の無償化が始まります

令和元年10月1日より幼児教育・保育の無償化が始まります

最終更新日:2019年08月20日

幼児教育・保育の無償化について

 令和元年10月1日より幼児教育・保育の無償化が始まります。

↓図をクリックしていただくと、無償化の概要をPDFでご確認できます!!


 
幼児教育・保育の無償化について(内閣府HP)
 令和元年10月から始まる幼児教育・保育の無償化について、内閣府ホームページに制度の概要等が
掲載されておりますので下記をご覧ください。
 
 ※参考 幼児教育・保育の無償化(内閣府ホームページ) 

幼児教育・保育の無償化の手続きについて

認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリーサポートセンター事業をご利用の方
 下記申請様式に必要事項を記入の上、受付期間内に保育・幼稚園課にご提出ください。(郵送可)
 ※沖縄市施設等利用給付認定申請案内をよくお読みの上ご提出ください。
  
  受付期間:令和元年8月16日(金)から9月6日(金)

  沖縄市施設等利用給付認定申請案内はこちらをクリック⇒沖縄市施設等利用給付認定申請案内

  [申請に必要な書類]
   (1)すべての方が提出が必要な書類
    ①子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書(兼現況届)
     ※こども一人あたり1枚の申請書が必要です
    ②保育を必要とすることを証明する書類(下記(2)のうち必要な書類をご提出ください。
   
   (2)保育を必要とすることを証明する書類
     ※父母世帯の場合、父、母それぞれの証明書の提出が必要です。
     ※きょうだいで同時に申請を行う場合でも、保育を必要とすることを証明する書類は保護者それぞれ1部ずつ
      の提出で構いません。

    ①就労証明書記入例
    ②自営業/農業・畜産業/漁業申立書記入例
    ③在学証明書
    ④診断書(保護者用)
    ⑤看護・介護申立書
    ⑥診断書(看護・介護用)
    ⑦求職活動申立書
    ⑧育児休業証明書 
 
私立幼稚園(私学助成園)をご利用の方
 令和元年10月からの利用料(保育料)無償化については、「子育てのための施設等利用給付認定」を受ける必要があります。
 内容、手続きについてご確認いただき、認定申請書に必要書類を添えて申請してください。

  ☆ 私立幼稚園をご利用の保護者の皆様へ(お知らせ) 
  ☆ チラシ

「申請に必要な書類」

 ア:幼稚園のみ利用(保育を必要とする事由がない方)※新1号認定
(1)子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書(兼現況届)(法第30条の4第1号)


 イ:幼稚園+預かりを利用(保育を必要とする事由がある方) ※新2号認定・新3号認定
(1)子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書(兼現況届)(法第30条の4第2号・第3号)
(2)保育を必要とすることを証明する書類
  ※父母世帯の場合、父、母それぞれの証明書の提出が必要です。
  
    ①就労証明書
    ②自営業/農業・畜産業/漁業申立書
    ③在学証明書
    ④診断書(保護者用)
    ⑤看護・介護申立書
    ⑥診断書(看護・介護用)
    ⑦求職活動申立書
    ⑧育児休業証明書 
 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこどものまち推進部 保育・幼稚園課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町 沖縄市役所26番1号 2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-1531
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ