スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報各種届出・申請 > 第11回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金のご案内

第11回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金のご案内

最終更新日:2020年09月17日

特別弔慰金とは

今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族へ支給されるものです。

支給対象者

戦没者等(元軍人・軍属及び準軍属(戦闘参加者等))の死亡当時のご遺族で、基準日(令和2年4月1日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」などを受ける方(戦没者等の妻や父母)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。

支給順位

戦没者等の死亡当時のご遺族で 
 1 弔慰金受給権者
 2 戦没者の子
 3 戦没者等の死亡当時、戦没者と生計を共にしており、令和2年4月1日現在、氏を変える婚姻・養子縁     
  組をしていない
 3 (1) 父母   (2) 孫   (3) 祖父母   (4) 兄弟姉妹
 4 上記3以外の (1) 父母   (2) 孫   (3) 祖父母   (4) 兄弟姉妹
 5 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上生計を共にしていた三親等内の親族(甥、姪など)


【注意】次の方は請求することができません。
令和2年3月31日以前に死亡した方
・日本国籍を有しない方
・前回相続で受給した方 3 


【注意】同順位の方が複数いる場合は、ご遺族間で話し合い、代表者お一人を決めてから請求してください。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債 (年5万円×5年分)

請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで 

 ※ この期間を過ぎると請求できなくなりますので、ご注意ください。

提出書類

1.前回(第10回特別弔慰金)を受けている方

  • 請求書、戦没者等の遺族の現況等についての申立書及び印鑑等届出書(窓口に備え付けています)
  • 請求者の戸籍抄本(令和2年4月1日以降のもの)
  • (代理人が手続きを行う場合)委任状
  • (外国居住者の代理人が手続きを行う場合)委任状(外国居住者)

2.前回(第10回特別弔慰金)を受けている方以外

  • 請求書、戦没者等の遺族の現況等についての申立書及び印鑑等届出書(窓口に備え付けています)
  • 請求者の戸籍抄本(令和2年4月1日以降のもの)
  • 戦没者の死亡当時における戦没者等と請求者の続柄を証する戸籍
  • (前回請求者より後順位の方が請求される場合)先順位者がいないことを証する戸籍
  • (今まで遺族の中で誰も特別弔慰金を受けていない場合)年金の受給権者がいないことを証する戸籍
  • (代理人が手続きを行う場合)委任状
  • (外国居住者の代理人が手続きを行う場合)委任状(外国居住者)

 
※ 印鑑、身分証明もご持参ください。

※ 状況により上記の他に書類が必要となる場合があります。
※ 請求者が令和2年4月1日以降に死亡したため、相続人が請求を行う場合は必要書類が異なりますのでお問合せください。

請求窓口

<沖縄市にお住まいの方>
  沖縄市役所5階 健康福祉部 ちゅいしぃじぃ課 
<他市町村にお住まいの方>
  請求者が居住する市区町村の援護担当課

請求後の手続きについて 

請求手続き終了後、国債が届くまでに1年以上要します。国債が沖縄市に届き次第、通知文にて連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

【代理人が国債の受取りを行う場合】
委任状(国債受取用)

 お問い合わせ

沖縄市役所5階 健康福祉部 ちゅいしぃじぃ課 特別弔慰金担当
TEL:098-939-1212(内線:3311・3312)

 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 ちゅいしぃじぃ課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ