トップページ > 子育て・教育 > 学校教育 > 就学 > 就学援助制度(小中)について(要保護・準要保護児童生徒援助費)

更新日:2022年5月21日

ここから本文です。

就学援助制度(小中)について(要保護・準要保護児童生徒援助費)

沖縄市では、経済的理由によって就学困難と認められる小学校・中学校に在学する児童生徒の保護者に対して、援助(学校給食費や修学旅行費、学用品費等)を行っています。

援助を受けられる方の範囲

  1. (令和3・4年度中)生活保護を停止または廃止された方
  2. 市民税が沖縄市税条例第24条第1項により非課税である方
  3. 児童扶養手当を受給されている方
  4. 世帯の収入が、基準額未満の方(基準額は世帯数や年齢によって異なります)
  5. 上の1~4以外にも生計維持者死亡の場合など特別な事情がある方

援助を受けられる費用(主な援助費目)

  1. 新入学児童生徒学用品費(新入生のみ)※但し4月認定の1年生で、4月の在学日数が10日以上の者
  2. 学用品費・通学用品費等
  3. 給食費
  4. 修学旅行費(参加する場合)

生活保護を受けている方は、「修学旅行費」については教育委員会で援助しますので要保護として申請してください。

援助申請の手続

援助を受けられる範囲に当てはまる方で援助を希望する方は、学校から申請用紙を受け取って所要事項を記入し、諸証明書添付のうえ指定された期日までに学校へ提出してください。

新規(5月20日)以降に申請した場合、追加申請となり、申請月の翌月1日からの認定になります。
※本年度の最終締切日は、12月20日です。

医療機関の皆様へ

沖縄市教育委員会「学校保健安全法医療券及び学校保健安全法調剤券」の取扱い終了について(お知らせ)

就学援助の対象者(要保護・準要保護児童生徒)に対して学校病の治療のため交付しておりました、沖縄市教育委員会「学校保健安全法医療券及び学校保健安全法調剤券」の取扱いを、令和4年3月分の診療をもって終了いたします。

令和4年4月1日からは、準要保護世帯は「こども医療費助成制度」、要保護(生活保護)世帯は「生活保護法医療券」等の医療制度による取扱いとなります。

つきましては、下記の期限内の医療券のご提出につきまして、ご協力のほどお願いいたします。

【学校保健安全法医療券および調剤券の提出期限】

令和4年3月分の医療券…令和4年4月15日(金曜日)

平成31年4月1日から令和4年2月28日までの医療券で未請求がある場合は、令和4年9月末日までにご提出いただきますようご協力お願いいたします。

また、平成31年3月の医療券については、医療費請求権の有無について確認が必要であるため、お問合せください。

 

【留意】

  • 「学校保健安全法医療券」の取扱いは市町村ごとに異なります。沖縄市以外の取扱いについては、各市町村へお問い合わせください。
  • 学校病とは…齲歯、トラコーマ・結膜炎・白癬・疥癬・膿痂疹・中耳炎・慢性副鼻腔炎・アデノイド・寄生虫病


請求については以下の様式をお使いください。

医療費請求書(エクセル:15KB)

お問い合わせ

指導部学務課 

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号

電話番号:098-939-1212

ファクス番号:098-937-3548