トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療・衛生 > 医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス(COVID-19 ) > 沖縄市新型コロナウイルス感染症家庭内感染拡大防止事業

更新日:2022年10月6日

ここから本文です。

沖縄市新型コロナウイルス感染症家庭内感染拡大防止事業

令和4年10月より、利用要件および内容の一部が変更されました。

沖縄市では、新型コロナウイルス感染症の家庭内感染を防ぐために、健康観察期間を市が指定するホテルで自主隔離する際の宿泊費の一部を支援します。

このような方が利用できます

  1. 同居家族が新型コロナウイルス感染症で自宅療養しているが、自宅内で充分な感染対策が難しい。※医療や介護を必要とする方については要相談です。
  2. 医療従事者・介護従事者等、国から通知がある職種(エッセンシャルワーカー)で、新型コロナウイルス感染症陽性となった人の感染可能期間に濃厚な接触があった者。

利用要件

  • 上記の1.または2.の状況に当てはまること
  • 沖縄市に住民登録があること、または市内に居住していることを証明できること
  • 新型コロナウイルス感染症にり患している同居家族について、陽性であることを下記書類等で証明できること
    (ア)医療機関等で実施されたPCR検査や抗原検査の結果がわかる書類
    (イ)新型コロナ治療薬が記載された処方箋・服薬説明書
    (ウ)健康フォローアップセンター等の受付結果(メール、SMS等)
    (エ)医療機関が発行する診断書
  • PCR検査または抗原検査(国が新型コロナウイルス感染症の体外診断用医療品として承認したもの)の結果が陰性であること
  • 現在、発熱等新型コロナウイルス感染症を疑われる症状がないこと
  • 市からの健康状態観察に協力でき、発熱等の風邪症状が出現したときは速やかにPCR検査または抗原検査を行うことに同意し、その結果を市へ報告することに同意できること

利用可能期間

上記の1.または2.の状況で利用可能期間が異なります。

  1. 自宅療養している者の行動制限が解除されるまで
  2. 濃厚接触者の健康観察期間が終了する日まで

宿泊先

沖縄市内のホテル等宿泊施設(名前、場所は申請時にお伝えします)

支援額

1人あたり1泊5,000円(上限額)

宿泊費が上限に満たなかったときは、宿泊費の実費が支援額となります。

申請方法

申請前に事前の電話相談が必要です。下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

沖縄市役所健康福祉部市民健康課

【平日8時30分から17時15分】連絡先098-939-1212(内線2262,2264)

【土日祝日13時00分から17時00分】連絡先098-939-1212

 

令和4年度新型コロナウイルス感染症家庭内感染拡大防止事業(PDF:276KB)

お問い合わせ

健康福祉部市民健康課 

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号

電話番号:098-939-1212

同カテゴリから探す