更新日:2022年6月10日

ここから本文です。

 手足口病  ~警報発令中~

 手足口病の患者が増加しています。

手足口病とは

病原体:コクサッキーウイルスA16、A10およびA6、エンテロウイルス71等

感染経路:咳、くしゃみによる飛沫感染、水泡・便に含まれるウイルスとの接触感染

潜伏期間:3~5日間。ウイルスは症状が治った後も数週間、便に排出されます。

流行状況: 春から夏にかけて流行する。

症 状:口の中や手足等に水疱性の発疹がみられます。発熱を伴う場合もあります。基本的に軽症疾患ですが、まれに髄膜炎等の合併症を起こすことがあるので、注意が必要です。発症した場合には、有効な治療法はありませんが、多くの場合、3~7日の自然経過で治癒します。

予 防:ワクチンはありません。手洗いをしっかりすることと、排泄物を適切に処理することで予防できます。特に保育園や幼稚園などの乳幼児の集団生活施設では、注意が必要です。

お問い合わせ

健康福祉部市民健康課健康推進係

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号

電話番号:098-939-1212