トップページ > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 後期高齢者医療 > 新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療保険料の減免について

更新日:2022年7月20日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、次の要件に該当する方は、申請により保険料が減免となります。

減免対象者及び減免率

区分 減免率 所得要件
新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った世帯の方 保険料の全額免除 なし
新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯の方 保険料の一部を減額 あり※

※以下の(1)~(3)の全てに該当する方が対象です。

  • (1)事業収入や給与収入など、収入の種類ごとにみた令和4年の収入のいずれかが令和3年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
  • (2)令和3年の所得合計額が1,000万円以下であること
  • (3)令和3年の収入減少が見込まれる種類の所得以外の所得の合計が400万円以下であること

※いずれの基準にも該当する被保険者については、減免額が最も大きいものを適用します。

減免の対象となる保険料

  • (1)令和4年度分の保険料であって、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているもの。
  • (2)令和3年度相当分の保険料額であって、令和3年度末に資格を取得したこと等により令和4年4月以後に普通徴収の納期限が到来するもの。

減免額の算出方法

【表1】で算出した対象保険料額に【表2】の前年の合計所得金額の区分に応じた減免割合を乗じて得た額
対象保険料額(A×B/C)×減額又は免除の割合(D)=保険料減免額

【表1】

対象保険料額=A×B/C
A:同一世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料額

B:世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額
(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)

C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及びその世帯に属するすべての被保険者につき算定した前年の合計所得額

【表2】

合計所得金額の区分
世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額 減免の割合(D)
300万円以下であるとき 10分の10
400万円以下であるとき 10分の8
550万円以下であるとき 10分の6
750万円以下であるとき 10分の4
1,000万円以下であるとき 10分の2

※世帯の主たる生計維持者の収入の減少が事業等の廃止または失業による場合は、令和3年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の全額を免除します。

減免に係る必要書類

申請に必要なもの

  • (1)新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療保険料減免申請書(様式第1号)
  • (2)新型コロナウイルス感染症に係る後期高齢者医療保険料減免調査票(様式第2号)
  • (3)後期高齢者医療 被保険者証
  • (4)その他 ※申請には、申請書・調査票のほか、診断書や収入所得を証明する書類等が必要となる場合があります。

申請書類、記入方法につきましては、沖縄県後期高齢者医療広域連合ホームページ(外部サイトへリンク)よりダウンロード可能です。

申請方法

申請書を下段の申請書提出先窓口に提出してください。御希望の方には申請書を郵送でお送りします。
また、申請書を郵送で提出することもできます。

申請書提出先

〒904-8501
沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号
沖縄市役所国民健康保険課 後期高齢医療係

〔注意〕

  • 沖縄市は、郵送過程における紛失、き損等の事故について一切責任を負いません。
  • 書類の不備や不足により受付できない場合は、ご連絡しますのでお電話番号の記入をお願いします。
  • 申請書類の返却は行いません。

お問い合わせ先

沖縄市役所国民健康保険課 後期高齢医療係
沖縄市役所本庁 1階 8番窓口
電話番号(代表)098-939-1212 内線 2101・2118・2128

沖縄県後期高齢者医療広域連合(外部サイトへリンク)
管理課 保険料グループ
〒904-1192 沖縄県うるま市石川石崎1丁目1番(3F)
電話番号 098-963-8012(管理課)

お問い合わせ

健康福祉部国民健康保険課 後期高齢医療係 

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号

電話番号:098-939-1212

ファクス番号:098-934-0896