スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページよくあるご質問暮らし・環境・健康 > 公的個人認証サービスについて知りたい

公的個人認証サービスについて知りたい

平成16年1月29日より住基カードを使った公的個人認証サービスが始まりました。 

■公的個人認証サービスとは何ですか? 
インターネットを使って行政機関等に手続きを行う際に、申請者が本人である事を証明するシステムのことです。 
このシステムにより、申請の成りすましや申請内容の改ざんなどを防ぎ、将来的には今まで直接窓口で行っていた税の申告や納税などが、自宅や会社のパソコンからもできるようになります。 
(手続きの開始時期は各行政機関によって異なります) 
  • 電子証明書とは何ですか? 
公的個人認証サービスを利用する際に必要な証明書で、インターネットでの申請時に印鑑証明書の代わりとなるものです。電子証明書には住所・氏名・性別・生年月日などが記録されています。 
この電子証明書は、ICカードである住民基本台帳カード(住基カード)に記録し、暗証番号(英数字4文字以上16文字以下)を設定します。 
  • 電子証明書の有効期間や手数料について 
有効期間は3年間ですが、住所・氏名などが変更になった場合はその時点で失効となります。 
手数料は500円です。 
  • サービスを受けるのに必要なものはありますか? 
電子証明書とインターネットに接続できるパソコンのほか、沖縄市の住基カードに対応するICカードリーダも必要です。対応するICカードリーダのリストは「公的個人認証ポータルサイト」に最新の情報が掲載されています。 

公的個人認証についてくわしくは、関連ホームページ「公的個人認証サービスポータルサイト」をご覧ください。 
http://www.jpki.go.jp 
 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 市民課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-7472
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ