スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページよくあるご質問暮らし・環境・健康 > 死亡した野鳥を見つけたがどうすればよいか?

死亡した野鳥を見つけたがどうすればよいか?

最終更新日:2016年12月26日

鳥は生き物ですから、人と同じようにいつかは死んでしまいます。
野鳥は、エサがとれずに衰弱したり、事故や環境の変化に耐えきれず死んでしまうこともあり、その原因は様々です。
野鳥が死んでいても、ただちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。
 
 
  • 死亡した野鳥など野生動物は素手で触らないでください。
    野鳥は鳥インフルエンザ以外にも様々な細菌や寄生虫を持っていることがあります。
 
 
  • 鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いします。
 
同じ場所でたくさんの野鳥等が死亡しているのを発見した場合は、沖縄市役所環境課または、沖縄県自然保護課(098-866-2243)まで ご連絡ください。
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 環境課 が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 B2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-0609
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ