沖縄市教育委員会 教育部 教育総務課 ご意見・ご要望 過去の質問・回答

もどる

 

学校教育指導の努力点

 

 

 学校教育においては、自ら学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる能力の育成を図るとともに、基本的生活習慣の形成と基礎的・基本的な内容の指導を徹底し、個性を生かす教育の充実に努めることが大切である。そこで、学校や地域の実態をふまえ、幼稚園・小学校・中学校のそれぞれの成果の伸長と課題解決のための幼・小・中一貫した教育を目指し次の努力点を定める。

 

1.基礎学力の向上を図る

  基礎的基本事項の定着を図るとともに、幼児児童生徒一人一人の内発的な学習意欲を喚起し、自ら学ぶ幼児児童生徒の育成をめざして、「参加する授業」「分かる授業」「楽しい授業」の工夫・改善に努める。また、体験的な学習や問題解決的な学習等多様な学習指導の改善・充実を図る。

さらに読書活動の推進や家庭学習の習慣化を図り基礎学力の向上を図る。

2.基本的な生活習慣の形成を図る

  幼児児童生徒が生き生きとした生活を営むためには、規則正しい生活・礼儀作法等の生活リズムの確立と、思いやりの心・生命を尊ぶ心、人権尊重の心等の育成に努めなければならない。また積極的に自己を生かすことのできる生徒指導の充実を図ることが重要である。本市におけるいじめや深夜外出等の問題行動や不登校等の学校不適応をなくすために、基本的な生活習慣の形成を図ることは重要であり、学校・家庭・地域社会・教育関係機関等との連携を密にした取組が必要である。

3.健康の保持増進と体力の向上を図る

  幼児児童生徒の体力の向上をめざして体育・スポーツの日常化とねばり強い心、たくましい体づくりの推進と保健安全・食生活指導の充実を図る。

4.教職員研修の充実を図る

  教育の充実は、教職員の力量に負うところが大である。教職員の使命感と資質・力量を高めるため専門職としての職能を意欲的・効果的に遂行できるよう教職員研修の一層の充実を図る。

5.教育課程の改善・充実と個に応じた教育の推進を図る

  指導内容の重点化、学校行事の精選を行い、年間指導計画に基づいた授業時数の確保に努めるとともに、習熟の過度に応じた一人一人を生かした指導方法の改善・充実に努める。さらに「総合的な学習の時間」や選択幅拡大等、個を生かした教育活動の充実を図る。

 

 

平成16年度指導指針

 

生徒指導の組織と運営

 

もどる