スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄

トップページ市政情報 > 沖縄市サッカー場におけるDDT類等汚染土の処理について

沖縄市サッカー場におけるDDT類等汚染土の処理について

最終更新日:2016年01月07日

           【沖縄市サッカー場の環境汚染対策について(速報版)】

 沖縄市では、これまで沖縄防衛局による沖縄市サッカー場の環境汚染対策について市のホームページや広報等で
市民の皆様に、お知らせしてまいりましたが、今回から新たに「現在、市サッカー場においてどのような作業が
行われているのか?」作業状況の速報版として市民の皆様に随時お知らせしてまいりたいと考えております。

※ 今回から取り急ぎ直近の作業状況をお知らせしてまいりますが、今後は報告内容の充実を図りながら市民の皆様へ
  わかりやすく情報提供に努めてまいりたいと考えております。

                      速 報 版
          【平成28年1月8日から汚染物質の一部の搬出作業が開始されます】

  ・沖縄防衛局による市サッカー場の除染・除去・現況回復作業の一環で、平成28年1月8日から平成28年3月までの
   期間に汚染土壌の一部の搬出作業(今回は、DDT類・油分が含まれた汚染土壌のみの搬出。ドラム缶等はコンテ
   ナで保管中)が行われます。
  ・今回、汚染物質として搬出されるのは、市サッカー場(グラウンド側)から83本のドラム缶が発掘された場所
   の底面や周辺の汚染土壌です。搬出される土壌にはDDT類や油分等の汚染物質が含まれており、これらを新たな
   ドラム缶やフレコンバッグに封入し県外へ搬出する予定となっております。
  ・搬出作業に際しては汚染物質の飛散等の拡散が無いよう細心の注意を払いながら作業を実施します。

日 時:平成28年1月8日(金)9時から
場 所:沖縄市サッカー場
内 容:DDT類・油汚染土を県外処理施設(愛媛県)へ搬出
(搬出の流れ)
1月8日(金) サッカー場から那覇新港浦添埠頭へ 搬出
1月11日(月) 予定   海上運搬(愛媛県新居浜港へ)
1月15日(金)予定  愛媛県新居浜港から処分施設へ
 


(写真1)DDT類・油分が封入されたドラム缶


(写真2)DDT類・油分を掘り出した現場
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは企画部 基地政策課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 3F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-1327
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ