スマートフォンサイトはこちら

トップページ市政情報 > 年頭のごあいさつ(平成30年1月)

年頭のごあいさつ(平成30年1月)

最終更新日:2017年01月14日

年頭のごあいさつ

 希望に輝き飛躍する沖縄市へ
 

 新年あけましておめでとうございます。
 皆様には、希望に満ちた輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、広島東洋カープのセ・リーグ優勝パレードをはじめ、記念すべきBリーグ幕開けの年に琉球ゴールデンキングスのチャンピオンシップ出場、FC琉球のJ2ライセンス取得、さらには、2023年に開催されるFIBAバスケットボールワールドカップの予選ラウンドがここ沖縄市で開催されることが決定されるなど、スポーツコンベンションシティを宣言する本市にとって、更なる発展を予感される年となりました。
1万人規模の多目的アリーナ建設に向け、力強い後押しを感じるとともに、関係機関と連携を図りながら本市、本県の魅力を最大限に世界へ発信できるよう、全力を尽くして参ります。
 また、沖縄市民平和の日記念事業として実施した「折り鶴プロジェクト」では、市民一人ひとりの想いが込められた折り鶴が、世界平和を願う虹の架け橋として、約9.7㎞にも及ぶひとつのレイとなり、ギネス世界記録として認定されました。本市といたしましては、多くの方々の平和を願う強い想いを大切に受け止め、平和行政に活かして参りたいと考えております。
 さらに、市民待望の新市立図書館は、すべての市民がいつでも気軽に利用できる生涯学習の場であるとともに、多くの親子が集う安らぎの空間や中心市街地の活性化にも繋がるものと大きな期待を寄せております。また、昨年12月1日より、市民課窓口のアウトソーシングを開始したことで、質の高い窓口サービスの提供や待ち時間の短縮になるだけでなく、雇用の創出にも繋がるものと考えております。
「活力あふれる沖縄市」の実現に取組んできた本市は、今まさに目に見える形でまちが動き出しております。
 平成30年を迎えた今後も、エイサー文化の保存及び継承の拠点となるエイサー会館及び本市の戦後文化を発信する新ヒストリートの開館をはじめ、県内最大級の人口ビーチが整備される東部海浜開発事業など、多くの市民の皆様が待ち望む事業に全力で取り組んで参ります。また、本市の中心市街地に宿泊施設が誕生し、商店街内に飲食店が開店するなど、新たなことにチャレンジする機運が高まっていると感じており、創業・起業支援事業にも引き続き力を入れて参りたいと考えております。
 本年も、地域の声を大切にしながら、「活力あふれる沖縄市」の実現に向け職員一丸となって取り組んで参りますので、市民の皆様には、より一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、輝かしい新春の門出にあたり、皆様のご健勝とご多幸を心より祈念申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

 

 

平成三十年元旦
沖縄市長 桑 江 朝千夫
 

Adobe Readerをダウンロードする

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから(無償)

このページは総務部 秘書広報課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 3F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-0656
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

沖縄市トップ

ページのトップへ