スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄

トップページ暮らしの情報 > 日本国籍を有するものの戸籍に記載がない方(無戸籍者)について

日本国籍を有するものの戸籍に記載がない方(無戸籍者)について

最終更新日:2015年08月31日

 子どもが生まれた場合、出生届により戸籍に記載しなければなりませんが、無戸籍者とは、何らかの理由により出生届を行わなかったことが原因で、日本国籍を有するものの、戸籍に記載されない方を指すものです。

 その主な理由でありますが、女性が元夫との離婚後300日以内に子を出産した場合、原則として、民法第772条の規定により、元夫が当該子の父と推定され、戸籍上も当該子は元夫との子として取り扱われるところ、出生届の届出義務者である母が、他に当該子の血縁上の父が存在すること等を理由として出生の届出をしないために、当該子が戸籍に記載されないことが挙げられます。

 このような経緯により、無戸籍者は、戸籍謄本等により身元を証明することができないために、社会生活上様々な不利益を被ることがあるほか、各種の行政サービスを享受する上で困難が生じています。

 無戸籍者を戸籍に記載する方法がありますので、
 沖縄市役所市民課戸籍係 098-939-1212(内線3112~3114) までお問い合わせください。

関連リンク
法務省:民法772条(嫡子推定制度)及び無戸籍児を戸籍に記載するための手続等について
法務省:無戸籍の方が自らを戸籍に記載するための手続等について
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 市民課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-7472
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ