スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄

トップページ暮らしの情報健康・健診予防接種・感染症 > 平成25年3月31日までに沖縄市が実施した子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種を受けた方へ

平成25年3月31日までに沖縄市が実施した子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種を受けた方へ

最終更新日:2015年12月10日

ワクチン接種後に何らかの症状が生じ、ワクチンの副作用とみられる疾病について入院を必要とする程度の医療を受けた方は、接種との関連性が認定されると医療費・医療手当が支給される場合があります。また、接種との関連性はみとめられたものの入院相当に該当しなかったために不支給となった場合でも、健康管理支援手当の支給対象となる場合があります。
 ◎認定を受けるためには、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に請求する必要がありますが、支給対象となるのは請求した日からさかのぼって5年以内に受けた医療に限られていますので、お心当たりのある方は、至急ご請求いただきますようお願いいたします。

救済制度相談窓口

独立行政法人医療品医療機器総合機構 救済制度相談窓口】
 
0120-149-931(フリーダイヤル)
 受付時間:月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前9時から午後5時
 ※IP電話等の方でフリーダイヤルがご利用になれない場合は、03-3506-9411(有料)をご利用ください。


 ◆医薬品副作用被害救済制度について(PMDAホームページ)
 ◆救済制度相談窓口について(PMDAホームページ


 


 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこどものまち推進部 こども相談・健康課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 2F
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ