スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報健康・健診予防接種・感染症 > 【高齢者】肺炎球菌予防接種について

【高齢者】肺炎球菌予防接種について

最終更新日:2018年04月01日

平成30年度 肺炎球菌予防接種のお知らせ

肺炎球菌による感染症について

 肺炎球菌は、人の鼻やのど、日常生活の場に存在します。普段は病気を起こさないことが多い細菌ですが、何かのきっかけで肺、髄膜(脳やせき髄を包む膜)などの体の内部に入りこむと、中耳炎、気管支炎、肺炎などや、生命にかかわる感染症(重い肺炎、細菌性髄膜炎、菌血症、敗血症など)を発病する場合もあります。
 この細菌は、人の身近にいる菌で、ヒトからヒトへ飛沫感染する(咳やくしゃみなどで口から出た菌でうつる)ため、いつ、誰が、かかるかわかりません。
 

肺炎について

 肺炎は、細菌やウイルスなどが体に入り込み肺の炎症が起きる病気で、発熱、咳や痰、息苦しさや胸の痛みなどがあります。肺炎は、急激に症状が進むこともあり、命に関わる危険もあります。
 肺炎の原因となる細菌やウイルスは人の体や日常生活の場に存在しています。体の抵抗力(免疫力)が弱まったときなどに感染を起こしやすく、普段は元気な方でも、インフルエンザなどにかかった後や、持病の悪化、体調不良などをきっかけに、感染する可能性があります。
 日常でかかる肺炎の原因菌で最も多いのは、「肺炎球菌」です。
肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐものです。(※ただし、すべての肺炎を予防するわけではありません。)

平成30年度の対象者

下記の対象者①~③すべてに該当する方で、肺炎球菌予防接種を希望する方は、一部公費負担で予防接種を受けることができます。
①接種日当日に沖縄市に住民登録がある方
②肺炎球菌予防接種(23価)これまでに受けたことがない方
③下表の生年月日に該当する方
 
    平成30年度の到達年齢               対象となる方の生年月日
65歳 昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生まれ
70歳 昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生まれ
75歳 昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生まれ
80歳 昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生まれ
85歳 昭和 8年4月2日~昭和 9年4月1日生まれ
90歳 昭和3年4月2日~昭和 4年4月1日生まれ
95歳 大正12年4月2日~大正13年4月1日生まれ
100歳 大正 7年4月2日~大正 8年4月1日生まれ
※60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、もしくは呼吸器の機能、またはHIVによる免疫の機能に重度の障がいがある方(身体障害者手帳1級程度(個別級))も対象となります。
 詳しくは、こども相談・健康課 予防係までお問い合わせ下さい。
 TEL 098-939-1212(内線2232・2233)
 

実施期間


平成30年4月1日~平成31年3月31日

実施場所

沖縄市内の指定医療機関(中部管内の指定医療機関についてはここをクリック(PDF)
 
  医療機関名 所在地 電話番号
1 愛聖クリニック 高原 939-5114
2 あいレディースクリニック 美里 937-1111
3 あきら整形外科クリニック 古謝 921-3330
4 安立医院 山内 933-6200
5 アワセ第一医院 泡瀬 937-5536
6 伊佐整形外科 比屋根 931-1111
7 うちま内科 宮里 934-7500
8 嘉数医院 諸見里 930-0090
9 岸本内科クリニック 登川 934-7770
10 コザクリニック 仲宗根町 938-1038
11 コザ整形外科医院 美里 938-3478
12 潮平病院 胡屋 937-2054
13 翔南病院 山内 930-3020
14 ちばなクリニック 知花 939-1301
15 ちゅうざん病院 松本 982-1346
16 中部協同病院 知花 938-8828
17 中部産婦人科医院 安慶田 937-8878
18 東部クリニック 与儀 932-0111
19 仲宗根クリニック 高原 933-8000
20 なかみねニュークリニック 古謝 929-1000
21 永山脳神経クリニック 美原 929-2200
22 登川クリニック 登川 937-0123
23 はた内科クリニック 美原 987-5201
24 ひが内科クリニック 929-1810
25 ふくはら胃腸科・外科 美里仲原町 921-0001
26 富名腰医院 住吉 938-2936
27 まつもと胃腸科整形外科医院 松本 939-2115
28 美里ヒフ科 939-7241
29 美原クリニック 松本 938-1500
30 桃山クリニック 南桃原 930-2233
31 山里整形外科 山里 933-1331
32 やんハーブクリニック 939-8877
33 ゆいクリニック 登川 989-3801
34 和花クリニック 934-8701
指定医療機関一覧は、ここをクリック(PDF)
※一覧に記載のない医療機関での接種をご希望する場合、こども相談・健康課 予防係までお問い合わせ下さい。
TEL 098-939-1212(内線2232・2233)

接種料金

自己負担3,000円
    (生活保護受給者は自己負担なし。
     ただし、接種の際は必ず「生活保護受給中であることが証明できる書類」をご提出下さい。)


  重要  
本人の意志と責任で希望する場合のみ、肺炎球菌予防接種を受けることができます。予防接種を受ける前に医師から十分に説明を聞き、理解・納得したうえで接種を検討してください。
本人より接種の意思確認ができない場合は、予防接種を受けることができません。
 

予防接種を受けることができない方

①明らかに発熱のある方(37.5度以上)
②重い急性疾患にかかっていることが明らかな方
③肺炎球菌ワクチンに含まれる成分によって、アナフィラキシー(接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことがあることが明らかな方
④その他、予防接種を受けることが不適当な状態であると医師が判断した方

※肺炎球菌予防接種(23価)をこれまでに受けたことがある方は公費接種の対象になりません

予防接種を受ける前に、担当医師とよく相談しておかなくてはならない方

①心臓血管系・腎臓・肝臓・血液の病気などの基礎疾患をお持ちの方
②予防接種をした後、2日以内に発熱のみられた方および全身性発疹等のアレルギーを疑う症状が出たことのある方
③今までにけいれん(ひきつけ)を起こしたことがある方
④今までに免疫不全と診断されたことがある方、または近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
⑤薬や食品で皮ふに発疹が出るなど、アレルギーを起こしたことのある方

予防接種を受けた後の注意

・接種後30分間は、医療機関で様子を見ましょう。まれですが、この間に急な副反応が起こることがあります。
・接種後は、注射した部位を清潔に保ちましょう。接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすらないように気をつけましょう。
・接種当日は普段と同じような生活をしても差し支えありませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。
 

予防接種の副反応

「副反応」とは、予防接種後、一定の期間におこる身体的な反応のことです。接種後24時間以内は、副反応の出現に特に注意する必要があります。

肺炎球菌予防接種の副反応としては、注射した部位が赤くなる・腫れる・熱をもつ・痛む・しこりができるなどの局所反応や、筋肉痛・発熱・悪寒・頭痛・全身のだるさなどの全身的な反応がみられることがあります。
重大な副反応として、アナフィラキシー様反応(呼吸困難・血管浮腫・じんましん・発汗など)、血小板減少、知覚異常、急性神経根障害、蜂巣炎・蜂巣炎様反応(皮膚などの炎症)、注射部位の壊死、潰瘍などの報告があります。
接種後、高熱やアレルギー、けいれんなどの症状が出た場合は、速やかに医師の診察を受け、こども相談・健康課までご連絡ください。
➤定期の肺炎球菌予防接種の後に起きた健康被害が、予防接種によるものと国で認定された場合は、予防接種法に基づく補償を受けることができます。(ただし、指定医療機関での接種に限ります。)
 
予防接種に関するお問合せ・ご相談は
沖縄市役所 こども相談・健康課 予防係(TEL098-939-1212 内線2233)

 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこどものまち推進部 こども相談・健康課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 2F
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ