スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄

トップページ暮らしの情報健康・健診予防接種・感染症 > ノロウィルス等感染症の予防について

ノロウィルス等感染症の予防について

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは、細菌またはウイルスなどの感染性病原体による嘔吐、下痢を主症状とする感染症です。
ロタウイルスやノロウイルスなどのウイルスによる感染が多く、例年、秋から冬にかけて流行し,12月中頃に患者発生数がピークとなります。
 

ノロウィルスについて

ノロウィルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬場に流行します。
ノロウイルスは手指や食品等を介して、経口で感染、ヒトの腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。健康な方は軽傷で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐物を誤って気道に詰まらせて死亡することがあります。

潜伏期間は24~48時間。

主症状は吐き気、おう吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度。

通常これらの症状が1~2日続いた後、治癒し後遺症もありません。
治療は輸液などの対症療法に限られます。

ノロウイルスについてはワクチンがなく、また、治療は輸液等の対象療法に限られます。
したがって、みなさまの周りの方々と一緒に、次の予防策を徹底しましょう。

予防対策

●患者の糞便や吐物には大量のウィルスが排出されるので

  1. 食事の前やトイレの後等には、必ず手を洗いましょう。
  2. 下痢やおう吐などの症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。
  3. 胃腸炎患者に接する方は、患者の糞便や吐物を適切に処理し、感染を広げないようにしましょう。

●特に、子どもや高齢者など抵抗力の弱い方は、過熱が必要な食品は中心部までしっかり過熱して食べましょう。また、調理器具等は使用後に洗浄、殺菌しましょう。

参考

ノロウィルスにはアルコール消毒は効果がありません。次亜塩素酸ナトリウム(塩素系の漂白剤など)による消毒が必要です。

【注意】次亜塩素酸系の漂白剤を使って、手指等の身体の消毒をすることは絶対におやめください。

パンフレットダウンロード
注意
ペットボトルなどで保存している消毒液を、誤って飲んでしまったという事例が報告されています。消毒液を補完しなければならない場合は、消毒液の入った容器は、誤って飲むことがないように、消毒液であることをはっきりと明記して保管しましょう。
 
関連リンク
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 市民健康課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町 沖縄市役所2階
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ