スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄

トップページ暮らしの情報健康・健診予防接種・感染症 > 公費で受ける予防接種について

公費で受ける予防接種について

最終更新日:2016年10月01日

予防接種とは

感染症の原因となるウイルスや細菌などが作り出す毒素の力を弱めてつくった予防接種液(ワクチン)を体に接種して、その病気に対する抵抗力をつけることです!

定期予防接種と任意予防接種

定期予防接種とは、予防接種法で定められた予防接種です。
子どもを対象とした定期予防接種は、「受けるように努めなければならない」という努力義務規定があり、原則全額公費で受けることができます。
任意予防接種とは、定期予防接種以外の予防接種のことをいいます
努力義務規定がなく、個人の希望により受ける予防接種で、接種費用は原則自己負担となります。
※沖縄市では、任意予防接種のうち「おたふくかぜ」について、1歳児を対象に公費負担で実施しています。(平成28年度)

予防接種の種類と対象月齢

公費で受ける予防接種は種類ごとに対象年齢や接種回数、接種間隔が定められています。
規定から外れた場合は全額自己負担になりますので、対象年齢内に決められた接種回数・間隔を守って接種を受けるようにしましょう
 
予防接種の対象年齢と、標準的なスケジュールはこちら

予診票

予防接種の対象となる月齢が近づくと、予防接種ごとに定められた接種回数分の予診票が送付されます。
「予防接種と子どもの健康」(冊子)や予診票に同封されたリーフレットなどをよく読んで、対象月齢、接種回数、接種間隔などを確認しましょう。※予診票は、接種時まで大切に保管して下さい。

接種場所

予防接種は、指定医療機関において実施しています。
予診票に同封されている指定医療機関一覧をご確認のうえ、事前に予約をして受けましょう。

※里帰り出産で県外に長期滞在している場合や病気の治療などの事情により、指定医療機関以外の病院で接種を希望する方は、必ず事前に市役所予防接種担当にご相談ください。
 
指定医療機関一覧はこちら 

予防接種の注意点

(受ける前)・予防接種を受ける際は、母子健康手帳、予診票を忘れずに持参しましょう。
      ・予防接種の効果、副反応等について充分理解したうえで、お子さんの体調が良い時に受けましょう。
 
(受けた後)・母子健康手帳の記載内容に間違いがないか必ず確認するようにしましょう。
      ・お子さんの体調に変化がないか、よく観察しましょう。
 
予防接種に関する一般的な注意事項はこちら
 

副反応・健康被害

予防接種を受けた後、発熱、接種部位が赤くはれるなどの副反応が起こることがあります。接種後はお子さんの様子に注意して、高熱やけいれんなどの異常が出現した場合は速やかに医師の診察を受けましょう。
また、極めてまれではありますが脳炎や神経障害などの重い副反応が生じることもあります。このような場合、定期予防接種による健康被害と厚生労働省が認定したときは、予防接種法に基づく補償を受けることができます。

 
 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページはこどものまち推進部 こども相談・健康課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 2F
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ