スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報高齢者・介護高齢者福祉 > 後期高齢者医療制度についてのご案内

後期高齢者医療制度についてのご案内

後期高齢者医療とは

75歳(一定の障がいがあると認定された方は65歳)以上の方が加入する医療保険です。

国民健康保険などの医療保険の被保険者だった方はもちろん、これまで会社の健康保険や共済組合等の加入者に扶養されていた被扶養者の方も、後期高齢者医療制度の被保険者となります。

被保険者証は1人1枚交付されます

誕生日の前に被保険者証を交付します。新しい被保険者証は、75歳の誕生日からお使いください。

対象となるとき

対象となる方 対象となる日
75歳になる方 75歳の誕生日から ※手続きの必要はありません
一定の障がいのある65歳以上の方で後期高齢者医療制度へ加入を希望するとき 広域連合から認定を受けた日から
*国民健康保険課 後期高齢医療係の窓口に申請してください。
75歳以上の方が県外から転入してきたとき 転入日から
生活保護を受けなくなったとき 生活保護廃止日から

医療機関での自己負担割合

一般の人 1割
現役並み所得者 3割

保険料の決め方

保険料 = 均 等 割 額(48,440円) + 所 得 割 額(所得―33万円×8.80%)

                    

保険料の納め方

年金が年額18万円以上の方 年金の受給額からお支払いいただきます。
年金が年額18万円未満の方 納付書でお支払いいただきます。
介護保険料との合計額が
年金額の2分の1を超える方
納付書でお支払いいただきます。

*納付書でお支払いいただく方は、便利な口座振替をおすすめします。

所得の低い方の保険料軽減

均等割額(被保険者全員が等しく負担する保険料)の軽減

9割軽減 「基礎控除額(33万円)」を超えない世帯で、「被保険者全員が、年金収入80万円以下」の世帯(その他所得がない場合)
8.5割軽減 「基礎控除額(33万円)」を超えない世帯
5割軽減 「基礎控除額(33万円)+26.5万円×世帯に属する被保険者数」を超えない世帯
2割軽減 「基礎控除額(33万円)+48万円×世帯に属する被保険者数」を超えない世帯

所得割額(所得に応じて負担する保険料)の軽減

保険料の所得割額を負担している方のうち、所得の低い方(基礎控除後の総所得金額等が58万円以下の方)は、所得割額が原則50%軽減されます。

保健事業

人間ドック(又は脳ドック)費用助成 助成金額 12,000円
はり・きゅう・あん摩マッサージ費用助成券 1冊(6枚つづり) 施術1回につき助成額1,000円
 

詳しくは、電話または窓口でお問い合わせください

国民健康保険課 後期高齢医療係 939-1212(内線2118・2128)

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 国民健康保険課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-934-0896
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ