スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄

トップページ暮らしの情報引越し・住まい転出・転入 > 転入届(他市町村や国外から沖縄市へのお引越し)

転入届(他市町村や国外から沖縄市へのお引越し)

ほかの市町村や国外から沖縄市にお引越ししたときの手続きです。

対象

他市町村や国外から沖縄市にお引越しをした方

届出人

  • 本人
  • 世帯主または同一世帯の方
    同一住所にお住まいでも世帯が分かれる方は代理人と同じ扱いとなります。
  • 代理人(委任状が必要となります) 委任状

届出期間

  • 新しい住所に住み始めた日から14日以内
    • お引越し前に届出することはできません。
    • 14日目が市役所の閉庁日に当たるときは、翌開庁日が届出期間の末日となります。
  • 住民基本台帳カードを引き続き利用する場合は次の条件を満たす必要があります。
    1. お引っ越しから14日以内に転入届をしている
    2. 転出証明書の転出予定日から30日以内に転入届をしている
    3. 転入届から90日以内に住民基本台帳カードの住所変更手続きをしている

必要なもの(1)

  • 窓口に来た方の本人確認書類 (詳しくはこちらをご覧下さい
  • 印鑑(認印可)
  • 前住所地の役所が発行した転出証明書 (特例転入、国外からの転入の方は不要)
  • マイナンバーカード又は通知カード※1
    • 保険者証など(国民健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険証、年金手帳など)
    • 住民基本台帳カード(交付を受けている方) ※2
    • こども医療費助成金受給資格者証(お持ちの方)
    • 在学証明書 (小中学校の転校が伴うとき)
    • 在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書(外国人の方のみ)
    • 代理人の方は、委任状
    • 承諾書  (新住所に同居人がいるとき)

※1:マイナンバーカードの住所変更を行う方は、全員分のカード持参及び暗証番号の入力が必要となります。
※2:転出届の特例や住民基本台帳カードの継続利用を行う方は、全員分のカード持参及び暗証番号の入力が必要となります

新築の方

  • 付番通知書 (住居表示実施区域の方に、都市計画課住居表示担当が発行します)
  • 建物(各階)平面図 (住居表示未実施地域(字○○番地)の方) → サンプル
    • 土地家屋調査士等が建物登記をする際に作成する図面のことです。
    • 図面の他に、建物が住める状態かを資産税課が確認していることを聴き取りします。

国外から転入の方

上記に記載のある必要なもの(1)の他、下記の書類が必要です。

  • パスポート(一緒に帰国して住むご家族全員分)→ サンプル
    パスポートの本人確認欄と査証欄(入国スタンプ)を確認します。
  • 戸籍謄本
  • 戸籍附票謄本
  • 委任状(代理人のとき)
  • 続柄を確認する書類 [外国人のみ]
    ※外国人世帯と外国人世帯員の場合は、家族関係を確認する書類が必要です。
    (外国語の場合は翻訳者を明らかにした訳文を添付)

 ※一時帰国などで短期滞在をし、再び国外へ戻るような場合には、国外に住所があるものとして扱いますので、
  転入届を受け付けることが出来ません。
 

お問い合わせ

市民部 市民課

電話 098-939-1212 窓口係 内線3119

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 市民課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-7472
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ